揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛ぶのか飛ばないのか


ナックルボールは他の球種に比べて飛ぶのか?それとも飛ばないのか?
物理的に詳しい人がいればすぐ答えは出るのだろうが、私にはそんな計算は出来ない(笑)
ただ、いろいろとある現状の中で考えればいろいろと分かるかもしれない。
まず、硬式では間違いなくナックルは飛ばないだろう。
球速が増せばますほど反発力が増す。
もちろん常識の範囲でね。
音速くらいでボールが飛んできてもバットが折れちゃうから・・
よって速度の遅い反発力の少ないナックルは飛ばないということになる。

そして軟式での話。
今までずっと良いとされていたバットが今完全に逆の方向へ向きつつある。
固ければ固い方が飛ぶとされていたためだ。
硬式素材使用とかそう言う感じでね。
しかし今はウレタン素材などを使った柔らかいバットが出てきた。
知ってる通り軟式ボールは中が空洞のゴムで出来ており
バットに当たった瞬間ボールは歪む。
この歪みがボールを遠くへ飛ばす邪魔をするらしい。
そこに出てきたのが上の写真のビヨンドマックスだ。

バット自体が柔らかいのでインパクトの瞬間のボールの歪みは少なくなる。
しかしいくら柔らかいといっても幾分かは歪む。
130キロくらいで投げられたボールよりも
80キロくらいで投げられたボールの方がインパクトの瞬間歪みは少ない。
よって軟式に至ってはナックルボールの方が遠くへ飛ぶと思われる。

ま、あくまでも想像の範囲でしかないけどね。

あと良く耳にする
重いボール、軽いボールというのは存在するのか?と
投げた時に体重が乗ってるかどうかとかいわれるが
投げられたボールの速度と回転が同じであれば
ボールが持っているエネルギーは同じ。
体重の重いか軽いかは関係ないと思う。
もしあればバッティングセンターなどの機械などから放たれたボールは死ぬほど重いはずだしね(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。