揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
球速測定
20061120b.jpg

さて、もう朝からスピードガンのことが頭から離れない(笑)
測定もキロ表示が出来るやつなので便利。

さぁ、昼休み。
マッスルはこの前のバッティングセンターで、右腕が筋肉痛らしい。
ハマオは意欲満々。

肩を慣らしいざ測定。
ハマオ94キロ(仕事が終わってからはかって100キロを記録)
マッスル105キロ
自分113キロ

おーおーおー!おもしろい!
この感じだと目標は120キロという事か。
でもまぁ120キロくらいは投げられそうな予感はする。

問題のナックルの球速。
普段と同じように投げたら…
約65キロ!! 遅い!(笑)
意図的に球速を上げてナックルの握りでの最速は75キロほど

これでよく分かった。
軟式の場合60キロくらいでも十分変化するとね。
もちろん速度が増せばますほど変化にキレが出てくるが
最大目標の80キロになると本当にキャッチャーが捕れない予感がする。
これがもし100キロなんか投げられたらもうとんでもないことになると思う。
やっぱり変化の量は「軟式>硬式」だと思う。

一応他の球速も測ってみた
大体こんな感じだと思う
ストレート110キロ
スライダー85キロ
カーブ80キロ
ナックル65キロ
スローカーブ55キロ

これを使ってもっといろんな実験をしてみたい。

目標
ストレート120キロ
ナックル70キロ


今日の一言
20061120c.jpg
ふりかけはこれが一番うまい♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。