揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーブのもう一つの意味
ナックルの練習をしている人は意外に多いのかもしれない。
しかし実戦で投げている人はまだ少ないと思う。

キャッチボールや壁当てだけでは分からないのが実戦だと思う。
そこで実際に試合で投げた事で気が付いた点とかあればドンドン書こうと思う。
もしそれで誰かが何らかのヒントを得られればこのブログも意味をなすし、存在している価値が少しはあるというもの。

ナックルを投げていて、直球を投げようとした時、まず頭に浮かぶのは
「投球動作の違いで直球が見破られないだろうか」というのがある。

ステップも大きくなり、腕の振りも違う。
よく観察しているとすぐに分かると思う。
好打者ほどその違いに気が付くだろう。

そこでカーブが必要になってくる。

動作が大きくなり、いかにも通常の投球だと言わんばかりの投げ方。
それでも直球だけがくるわけではないという認識も打者に与えておく必要もあるわけだ。

たいていナックルと直球を投げていると、相手ベンチの方から指示が出る
「真っ直ぐか変化球かどっちかに絞っておけ」とかね。
この時点で相手の裏をかける確率が単純に50%にも上がる。

またナックルの投げ方でも直球を投げることは可能だ。
通常のストレートより球速は落ちるが、これも使い方によっては有効。


それともう一つ。
ナックルの調子が悪く、コントロールが定まらない。回転して変化しない。などの状況は初めの頃によくある現象だと思う。
その時に思うことが
「通常のピッチングに戻そうかな…」と
そういう時はただでさえピンチなのできっちりとした状況判断はできない。
どうしようと思った時にはきっぱりと見切りをつけるのも方法の一つ。
タイムを要求してキャッチャーを呼ぶ。
そこでしっかりと意思の疎通を取るのがいいと思う。

今のところはこんなところかな。



今日の一言
七五三の写真を撮りにいった(スタジオアリス)
他にもたくさんの子供が来ていた。よその子は笑顔満点なのに、うちの子は緊張しすぎて全く笑わない(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。