揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実戦にて
今日はナックルの投球術について

昨日の実戦にていろいろと勉強になった。

ナックル主体でどういう配球で攻めると効果的なのか。というもの

まず投球練習から。
最初は7球が与えられるが、ここは7球すべてナックルを投げる。
ここで最終調整というわけだ。
ステップ幅、マウンドの角度、キャッチャーまでの距離感、コントロールの調子などの確認だ。

とにかく先頭打者に集中する。
無回転ならまずはストライクが取れる。
打ってもファールだし、初球から無回転を打ってくる打者はほとんどいない。
そして2ストライクまで追い込めばほぼ100%三振がとれる。
遊び玉はなく、ストレートをストライクゾーンに投げれればOK。

とりあえずこのストレートは目一杯投げること。
相手のベンチに対するアピールでもある。
「速球もあるのか」と。
ナックルの球速が遅いだけにストレートの見た目は2割り増しになる。

そして次のバッターは
「速球がくるかもしれない」という頭にさせておく必要がある。
そうすることによってナックルの効果がますます増すというわけだ。

後はそのストレートを追い込んでから決め球としてだけではなくいろんな場面で使うことにより
「いつくるか分からない」という頭にさせておく。

今度は追い込んでから三振を取る方法を考える。
バッターはナックルの遅い球速にも対応し尚かつ速急にも対応しなければならない。
こういう時バッターは速球のタイミングに合わせておいて、球速の遅いナックルは何とか当てるという気持ちが強くなる傾向がある。
ナックルに絞ると速球に対応できなくなるからだ。

そこでまた投球の幅が増す。
速いストレートのイメージが頭にあるバッターは
「速い球がくるのか、遅い球がくるのかどっちだ?」とあるから
ここへ外角に逃げる高速スライダーを投げるとバッターは簡単に振ってしまう。

2ストライクに追い込むことによってピッチャーの立場は飛躍的に有利に働く。
もちろん本物のナックルボーラーというのは他の球種に依存する割合が極端に低いのは皆さんご存じのハズ。
しかし彼らは「超」が付く一流選手だ。
だから僕らが投げてるナックルというのはまだまだその足元にも及ばない。

だから今の段階ではあくまでもピッチャーは今持っている球種で、一番アウトにとれる可能性が高い選択をするべきだ。
ナックル一本勝負で行くのはまだまだ先でいい。

昨日は4,5,6,7回と投げたのだが
6回にノーアウト満塁という場面があった。
こういう場面でキャッチャーはナックルのサインが出しづらい。
もちろんピッチャーも投げづらい。
パスボールやワイルドピッチで1点というのを恐れるからだ。

問題はこういう時どうするべきなのかということ。
ナックルボールを試合で投げると必ずいつかはこういう場面に出くわすだろう。
バッターは当然ストレートを狙ってきている。
さぁ!どうする!

長くなってきたのでこの続きはまた明日。


今日の一言
レンタルでDVDを借りた。去年の大晦日の格闘技のやつ。
誰が勝って誰が負けたのかは全然気にならないが
格闘家の体脂肪率が非常に気になる(笑)

コメント
この記事へのコメント
ノーアウト満塁になった時こそナックルではないでしょうか?

押し出しも許されない状況なので打者は9割方ストレートを狙っていると思われます。

先日取り入れられた身体を開く方法は僕もそうしていますし、フィルニークロのフォームを見ても一塁側に流れることからおそらく正解だと思います。

これを維持できれば失投も少なくなり、どんどん投げていけると思います。

あとは速球を投げるにしても内角高めの2シーム(シュート)で内野フライに押さえるのも良いかも知れません。


長文失礼いたしました。
2006/11/14(火) 00:18:00 | URL | こばやし #TA1wk.3Y[ 編集]
他の変化球じゃないですか?

押し出しを気にするこの状況でナックルはまず入らないだろうし、ストレートは狙われてる。
この場面では一点はしょうがないと考えて初物の変化球でゲッツー、1点献上、2アウト三塁で、暴投だけ気をつけて他の変化球も気になる相手にナックルで内野ゴロが理想な気が。
2006/11/14(火) 19:51:44 | URL | noke #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
更新がやや遅れました。すみません。

1人1人違った答えがあるでしょう。それで良いのだと思います。
ナックルという球種は他にない特徴があります。その特長を生かすも殺すも自分次第。
生かすためには努力しかありません。

結局この場面でカーブを選択した僕はナックルに対する努力が足りないのだと思います。これからももっと頑張ります。
2006/11/15(水) 00:57:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。