揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイター準決勝
地元大企業のチームと対戦した。
1部のバリバリチーム。

できるところまで投げることにしたのだが
4回途中で力尽きた…

相手00160 7
自分00000 0 (5回コールド)

前半戦の2回まではいい感じでナックルが投げられた。
なかなかいい出来だったのでその点は満足。

魔の4回は打者一巡の攻撃を受け死亡。
いろんなミスもかなさり大量失点。
ランナーがでるとストレートのサインが増えて、体力消耗。
中1日というスケジュールがここに来て辛い条件となった。
欲を言えばもう少し間隔があって、万全の体調で挑戦したかった。
握力もなくなりスライダーが抜け四球もかなり出してしまう最悪パターン。
しかしどんな球を投げても三振は取れないね。このクラスになると。

でもまぁここまで来たから満足。
あとは酷使した肘と肩のケアに十分注意して今後に望もう。


相手の攻撃はバントもあり、エンドランもあり、スクイズエンドランもあり、盗塁もある。隙あらば何でもして来るというチーム。
非常に細かい野球を積み重ねてくる。
強いチームというとこういう野球になってくるんだなぁ~と実感。

いい経験になりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。