揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安定感
タミフルのおかげか体調も良くなり、今日から普通の生活へと戻った。
ほとんど部屋からでない生活は本当につまらなかった。
久々に吸う外の空気。あぁ~気持ちが良い。

そしていても立ってもいられずボールを握ってみた。
ずいぶんと久しぶりな感じもするがさて、肩の調子はどうかな?と
しかしナックルの握りをした時に少し違和感が。
あれ?と思って改めて自分の指を見ると
伸びてるね~爪が(笑)
もっともっと投げたかったのだが、病み上がりと爪への負担を考えて
今日は少しだけで終わりにした。

しばらく投げないでいると、数あるチェック項目をついつい忘れがちになってしまう。
大体の感覚で投げていても無回転にはなるのだが、
やはりきっちりとした動作をしなければすぐおかしくなってしまう。

リリース位置は合っているか?
手のひらはキャッチャーを向いているか?
体重移動は正しいか?
ボールにしっかり体重を乗せているか?
などなど。
そしてもう一つ。最近自分の課題である
投げた後につられて出てくる右足がしっかりと地面を踏んでいるか?
ということだ。

以前TVに阪神のウイリアムスが出ていた。
投げた後少しジャンプするのが特徴ですか?みたいな感じでインタビューを受けていたと思う。
ウイリアムスも「ああなる時は調子の良い時です」と言っていたと思う。

それを見てから
そうか、投げた後も大事なんだな。ということでいろいろと試してみた。
サイド気味での意識で投げると良い感じなので
いっそこのとウイリアムスの真似をしてみる。(見よう見まねだけど)

そうすることで少し今までと違う感覚を味わうことが出来た。
今までいくらボールに体重を乗せようとしても
なんとなく上辺だけしか乗っていないような感じだった。
リリースの瞬間体の重心はほぼ体の真ん中にあったと思う。
それをもっとボール寄りにすることが出来た。
するとどうしても体より右側に重心が移るので
投げた後にサッと(傾いた体を支えるように)右足が出るのだ。
そしたらなんかウイリアムスっぽいような気もした(笑)

まだまだぎこちない段階だけど
この方が投げた後も重心が安定する。
体のど真ん中に重心が移ってきてるわけだから。
ナックルを投げる上で「安定」と言うことはかなり重要で
「不安定」になるような部分や動作があればまず安定したナックルは投げられない。
何もかもが安定する動きが望ましいと考えている。
毎回決まった動きで、すべて安定した動きや動作であれば
ナックルボールを毎回投げられるだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。