揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P革取り付け


ちょくちょく画像をUPしながら更新を続けてみようと思います。
とりあえず撮りだめしてあるやつから少しずつ放出(笑)

昨日仕事が終わってからスパイクの加工をしてもらいに行った。

今履いているスパイクのつま先が削れてくるので、修復キットを使っていたがどうにもこうにも追いつかなくなってきたのでP革をつけることに。
さらに以前から欲しかったカンガルー革のスパイク!
20060919c.jpg
23000円するやつを8000円で購入できたので、これに縫いPをつけてもらう加工も一緒に頼んだ。
どちらも持ち込みだったので加工料はとられたができあがりが楽しみ。
メーカーに送るというので完成まで10日かかるとのこと。

一方の普段履いているやつは打ち付けのP革だったので作業自体は10分。
ウレタン製と牛革製があったので牛革を選択。
サイズは25.0cmなのでSサイズの(~25.0)をつけるのかと思いきやMサイズを持った店員
「これで良いですね」と。おいおい大丈夫なのか?
まぁ、餅は餅屋というようにここは店員に任せた。

早速できあがったスパイクを見て思った。
「P革とスパイクが浮いてるんですけど…」
でもここは何も言わずに立ち去る。さてどうしたものか。
たぶんこの隙間からかなり砂や小さな石が入るんだろうな~

がしかし!良いことを思いついた。
といってもぴったりサイズにしたところで縫っていない限り隙間は必ず生じる。
その隙間に砂や石が入らないようにするには、この隙間を埋めてしまえばいい。
おうおうおう!すべて想定内よ!

つま先のリペア剤。
乾くとゴムっぽい素材になって固まるので、P革とスパイクの隙間に塗れば完璧ではないか?と。
ただ突っ張った感じになるとちょっと困るかな。


唐突だけどこの前買ったバッグ
20060911.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。