揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無回転率
20060919a.jpg

チームでファーストミット(以下Fミット)を購入した。
キャッチャーミットの調子が悪く、この前の試合でマッスルはキャッチャーでFミットを使用した。
本来のルールではFミットはファーストのポジション以外で使用することは出来ないが、この前審判の方に伺ったところ
「市で開催するような試合では別にかまわない」との返事をいただいている。
もうお墨付きであるのだ。
このチームで県の大会に出ることは100%無いので、これからはFミットを使用することになりそうだ。
今までマッスルはキャッチャーミットを使っていたのだがどうにもこうにも弾きまくり。しかし先日の試合では1回も弾かなかった。

そこで今回新たにFミットを購入したわけだがメーカーはハタケヤマ。
さすがに到着して2日目。まだまだ固い。
しかし得意の(?)スチーム加工で十分キャッチボールが出来るようにまで仕上がっている。今度の日曜日の試合までには十分間に合いそうだ。

さて今日は「無回転率」を調べてみた。
まだ肩の調子が思わしくないが軽く投げてるうちにだんだんと本気になってしまった(笑)
どうせだからとデータの取得に踏み切った。

○=0~2回転
△=3~5回転
×=6回転以上
というように分けてみた。今日も午前と午後に分けてのデータ。
午前中は突如調子が悪くなったので早めに切り上げてしまったが…

×○○△○△△○×△○○×○○○○△△○○○○○○○○△○○○××○××○×○○○○×△△○○××○○×(午前中)
△△△○○○○○○△×××△○△○○×△○○×○×○△○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○△○○×○○△○△○○△△××△×△○△△○○○×○△○○○△×○○○○×(午後)

全136球
○=83球(61.0%)
△=28球(20.5%)
×=25球(18.5%)

こうしてデータをとってみるとよく分かる。
思ったより無回転率は高くなかった(笑) 途中つぼにはまって連続20球とかあったんだけどなぁ~。逆になかなか投げられなくなった時もあったんだけど。
これからは無回転率を増やすように頑張ればいいのか、それとも失投率を下げることの方が先決なのか。

今回の結果でストライク率が48%で無回転率が61%
全くお話にならない結果となってしまいました…
ナックル一本で1試合を乗り切るにはほど遠い数字ですな。
最終目標はストライク率60%無回転率80%というところかな。

コメント
この記事へのコメント
ミットに規制ですか
大学ではキャッチャーにソフト用のモノを使ってもらおうと考えていたのですが・・・・少し調べてみなければいけなさそうです

無回転率ですか。こういうのも調べてみると面白いですね。ちなみに自分は基本的に一人で練習なのでストライク率調べられそうにありません(泣 壁に落書き禁止なんですよ~
2006/09/20(水) 00:22:45 | URL | こばやし #TA1wk.3Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。