揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイターの審判にて
今日はナイターの公式戦の開幕日。
といっても特に何もないのだが、今日は審判の係になっている日だった。
2チームから2人ずつだして、塁審を2人と塁審1人と記録員1人をだす。
今回僕は2塁の塁審をすることになった。
しかし毎年ある審判講習。1度も出たことがない。
去年は雨で流れて、一昨年はチーム結成した時には講習がすんでいた時期。
よってアウトかセーフかを判断するしか出来ない。
ポジション取りとかよくわからない。
特に2塁塁審はどこにいたらいいのかさっぱり分からない(笑)
感覚的にはランナー1塁か2塁にいればダイヤモンドの内側。
その他は外側で見やすい位置にいる感じか?本当のところはしらないけど。

そして今日1つへまをやらかした。
センターオーバーを打たれた時に塁審は打球を追っていくべきだとは分かっていた。
しかしその前にも同じようにセンターオーバーの打球があった。
バッターランナーがセカンドベースを踏んだことを確認するのはどの審判なのだろうか。と、ふと思った時に振り返ると誰もいない。
やっぱりベースを踏むのを確認しないといけないのかな?
と思って2回目のセンターオーバーはベースを踏むのを確認しつつも、ボールを追った。
しかしベースを踏むのを確認したと同時にボールがセンター後ろのフェンスを越えた。
球場は陸上競技場になっていて2面使えるようになっている。

結局塁審がしなくてはいけなかったのは、ボールを追ってエンタイトルツーベースになるかならないかを判断しにいくべきだったのだ。

セカンドベースを踏んだかどうかの判断はやっぱり1塁塁審がするべきなのかな?


ちなみに今日も少し投げたが、昨日久々にしたウェイトトレーニングのせいで筋肉痛。体がむちゃくちゃ重たかったので無理できなかった。


ついに3位になってしまいました!もう満足です!
クリックしてくれた方ありがとうございました。

アクセスランキングよりもここへ何人アクセスしてくれてるのか?
という方が興味があるし、そういう数字が励みにもなります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最大ウェイトが重く調節できるダンベルなので家でトレーニングをするにはもってこいです。グリップが金属丸出しなので、そのままではちょっぴり手が痛いのですが、テニスラケットのグリップテープを巻くと触った感触もソフトになります。このダンベルを買われた方は是非試し
2007/10/08(月) 07:55:13 | ウエイトトレーニングのレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。