揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合の結果報告だけ
土曜日は昼から強い日差しの中の試合だった。
相手チームは以前からお世話になっているチーム。
実力的には相手が数段上だが、何とか食い下がっていい試合をさせてもらっている。
チームのHPがあり、そこへ今度はナックルで挑みます。
と書き込みしたものだから、かなりプレッシャーが(笑)

試合当日出発前。少し投げると無回転。ほっと一安心。
球場到着。炎天下の中キャッチボール。
全く無回転にならない。早くもパニック。

さて、どうしたものか。
試合開始まであと40分。そこまでに修正できるのか?
何がいけないのか。何をどうすればいいのか?
うーむ全く分からない。
いろいろ試して見るも全く成果がないまま開始時間が近づく。

もうだめだと半ばあきらめかけた残り5分ほどで何とか無回転で投げられた。
そしてよくわからないまま試合開始へ。
キャッチャーのマッスルに
「今日もナックル主体ですか?」と聞かれるものの
「投げられるかどうか分からない…」と返事した。

どうしたものかと後攻なのでそのままマウンドへ向かう。
こうなりゃヤケだ。開き直るしかないと投げた一球は何とか無回転。
とりあえず何とかなるかも。と少々不安な立ち上がり。

時間があるので今回は9回制。
何とか完投することができ、結果4安打1失点。
内容は申し分ない。上出来すぎる結果。
しかしナックルに関していえば60点ほどだろう。
ボールが回転してしまい、無変化状態のボールが多すぎた。
コントロールも右側へすっぽ抜ける球も多く、また課題の残る内容だった。
ナックルの比率は45%くらいだったと思う。

相手000010000 1
自分10102020X 6

明日はもっと具体的な内容を書こうと思います。
とりあえず今日は結果だけの報告にて

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。