揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッティングゲージ
一度更新するネタが無くなってくると一気に滞ってしまう・・・
公式戦もあったりして、ナックルをボコボコニ打たれ負けてしまったり(笑)

全く更新できていないブログにもコメントをくださる方がいるので
頑張って更新していきたいです。ありがとうございます。
本人は元気でやってます。


ここ最近ナックルよりもこっちの制作の方に必死になっていたというのもある・・・


そしてついに完成した。
フリー打撃が出来る環境があればどれだけ捗るだろうと。
本当は2月くらいに出来るような勢いだったんだけど
やはりそこは素人考え。
ちゃんとした人に案を出したら
「それだと強度に問題があって無理」とか
「搬入口が小さいから現実的に無理」とか
「材料費が高くなりすぎるから無理」とか

出す案出す案却下の状態(笑)
それでもなんとか完成にこぎ着けた。

20110907c.jpg
打つ部分にゴムシートを敷いて、ナイロンテープでボックスやラインなどを書いてみる(笑)

20110907b.jpg

ポイントは邪魔なときは折りたためるという点。
最終的に工事現場で使うような足場の材料を使用した。
これでかなり安くできた。

この前の台風とかで強風が予想されるときなどは畳んで避難した
その時の写真。

20110907a.jpg
問題はネット。これが高い。
軟式用のネットにしたものの10万を超える。
完全オーダーで作ってもらったんだけど
サイズをどのようにしたらいいのか、どういう形で注文したらいいのか非常に頭を使ってしまった。

距離は今のところ少年野球と同じ16mとれてる。
息子の打撃練習にはちょうど良かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。