揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アキュバット
20100909a.jpg20100909b.jpg
ついに買ってしまった。

「アキュバット」

少年野球の低学年にノックを打ってたんだけど
フライが顔面にあたって怪我をした子が出たりしたので
テニスボールとラケットでフライの練習をしていた。
これはこれで練習になっていたんだけど、やはりテニスボールと軟式ボールは違うわけで・・・

ある程度なれてきてボールも怖がらなくなってきたので
そろそろ軟式で練習しようと思っていたんだけど
きっちりとフライが打てないのでこれを購入。
もちろん大人のノックとしても使える。
キャッチャーフライトかは特に重宝する。
硬式野球のキャッチャーフライは高く上がったフライが来るが
軟式は高いキャッチャーフライはほとんど無い。
その代わり猛烈なスピンによって弾いてしまうことはあるが。
そのスピンは再現できないまでも好きなところへフライが打てるのは楽。

さらにいうとノックが片手で出来る。
そして左手はグローブをはめたまま出来る。
ノックで捕ったボールが帰ってくるのを受ける人がいなくていい。

ただし、これは使い慣れるまで難しい。
慣れれば自在じゃないかな。
網自体に伸縮性はなくて、その周りをゴムで止めてる部分で反発させるようだ(2枚目参照)

ちなみに実際の使用風景

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。