揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
球速の話
昨日は練習試合。
相手は全軟のBというレベル
フルメンバーではなかったらしいがかなり強かった。
今まで2戦してどちらも良い勝負。0-1と1-0だったかな?
そして今回は1-2で負けた。
良い試合だった。

今回も無四球で終えられたので良かった。
ただナックルの球速が思ったように出せない。
指に伝わる感触がここのところずっと良くない。

思うように力が伝わらなくどこかに逃げているような。
そのせいでボールにも回転が加わってしまいイマイチな感じがぬぐえない。
ここのところ練習も上手くできてないし、暑くて練習どころでもない(笑)

もう少し涼しくなってから色々とやってみようと思う。
それと実戦でのストレートとシュートの使い方。投げるタイミングがもう一息で分かりそうな感じ。
ガムシャラにただ緩急を付けるために速いストレートを投げ込むのは卒業(笑)
のっりくらりとかわす方が良い。


あと気が付いたのは
ナックルの球速を速くするとストレートとの緩急が付きにくい
それに打者のレベルが上がるとストレートを投げると普通に合わせられる。
110キロ程度は単なる打ちやすい棒球になるし…
となるとどうすればいいのか?という事になってくるのだが
緩急の差は40キロくらいがいいみたいだ
そりゃ球速が上がるならナックル70キロストレート140キロでいいけど(笑)
ま、そういうわけにも行かず…


試合後に相手チームの監督と話をしたのだが
遅い球だけならなんとかなるだろうけど
たまに来るストレートが厄介。あれがあるから難しくなる。と

ナックルの効果を増し、ストレートの球速も速く感じさせることが出来る。
ナックルボーラーにとってのストレートは一石二鳥となる。
ただコントロールが難しい。
ナックルではないにしてもマウンドからゆっくりしたボールを何球か投げ込んだ後に
いきなり投げるストレートというのは感覚がまた違って難しい。
さらに速い球を投げようとするし、三振を奪いに行く時なら尚更力むし。
指先のコントロールと心のコントロール2つが必要かもしれない
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。