揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投げざるを得なかった為に
ナックルだけで打者を打ち取る。
当然これが理想なのだが、実際はそう簡単にいかない。

カウントが悪くなったとき
無回転にならなくなったとき
打者がナックルのタイミングに合ってきているとき
前回の打席でナックルを全く苦にせずヒットを打っているとき
盗塁されそうなとき
3塁にランナーがいてワイルドピッチを避けたいとき

ぱっと思いつくだけでこれくらいだろうか。
それでも玉砕覚悟でナックルを投げ続けられるか?というところだろうね。

コントロールとナックルに絶対の自信があるとき
ナックル以外の球種に全く自信が持てないとき
この試合に負けても良いとき
こういう場合はナックルで押していけるのかな。


さて、この前の試合。
ナックル以外の球種に特に気を付けて投げた。
ストレートを投げるときに毎回全力のストレートでは体力が持たないと判断。
2ヶ月ぶりのマウンドと言うこともあるし暑さのための体力温存

三振を取るストレートと打ち取るストレートを使い分けようとした。
三振を取るときは4シーム。打ち取るときは2シームか1シームのシュート系
ホントはこの投げ分けを普段の時からやりたかったんだけど
どうしても三振を取る方を選択してしまう。
三振を取りたいと言うよりも速いほうが打たれないのではないか?という気持ちが強くなる
自分の中では安全策をとっている気でいるのだが
実際はナックルよりも速く、ストレートよりも遅いシュート系が非常に効果的。
この日は暑さのために投げざるを得なかった状況だったために良い経験が出来た。
といっても5失点しているんだけど(笑)

この投げ分けが出来るようになると、カウントも整えやすいし投球の幅も拡がる。
どういった使い方が効果的なのかはまだまだこれから経験を積んでデータを取る必要がある
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。