揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バントと打つことの関連性
最近はもっぱら息子の少年野球に必死になっております。
大人軍団の試合は29日にありますが
ここのところずっと無くて試合感が無くなってきてます…
さらに前回の公式戦は2連敗して終わっているので
次は勝っておきたいところ。
市長杯の初戦はドリームズ。初対戦だから面白そう。

さて、少年野球では当然バントの練習もする
これは中学、高校になってもずっとやる練習なんだけど
必ず出てくる単語に
「バントが出来ないと打てない!」というもの。

バントが出来てこそバッティングも向上するのだと
ほうほうなるほど。
ミートポイントでバントをすることでその位置確認とかをしっかりするということかな。
というように思っていたが
これ、本当に関連性があるのだろうか?


まず野球ゲームとかで選手の能力を見ると
バントの能力が高い選手ほど打力が無く
打力のある選手は総じてバントが苦手な設定になっている。
これはどういう事か。

実際、バントの名手はスラッガーでもなければなんでもない。
そしてスラッガーがたまにバントをしようとすると成功しない。

本当に関連性があるのかと疑う人はいないのだろうか?


バッティングの能力が低くて悩んでいる選手に
バントの練習をこれでもかとして、バッティングの能力が上がったという事例はどのくらいあるのか

もっと極端な話をしてみよう。
A君はバッティング練習の時間を全部ヒッティングに費やした。
B君はその時間をバントとヒッティング半分ずつ行った。

これを何年間も続けた場合生まれ持った能力が同じである場合
B君の方がバッティング能力が高くなる可能性はどのくらいあるのか
もちろんバントの能力はB君の方が上になるのは間違いないだろう。


さて、実際の所はどうなんでしょうね。
バントをすればバッティングが上達するという理論は本当に正しいのか?という問題。
一度改めて考えてみても良いのではないかと思いまして見ました


あ、バントの練習が無駄だとかそういう意味ではありませんので
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです(^O^)/
いつもブログは拝見していますが
部活やらでなかなかコメントが
できずにいてすみませんでした。

バントを集中して繰り返してたら
バットに当たるまでボールを見る
くせがついていいんじゃないですかね?
2010/08/27(金) 15:14:58 | URL | ユウ #-[ 編集]
すみません
ずいぶんまえに質問したものです

ナックルボールを変化させるには
球速が必要といわれましたが
具体的にどのくらいの球速が必要でしょうか?自分は60キロ弱だと思います

また、フォームですがウェイクフィールド選手のように無理を覚悟で本格派を目指しております。
フォームはストレートが投げやすいフォームにしたほうがよいのか、ナックルを投げやすいフォームにしたらよいのか
どちらでしょうか
2010/08/27(金) 19:36:25 | URL | #-[ 編集]
どうも。
ボールを最後まで見ると言うことは大事ですが、バントをすることでしか向上しないのかということでもあります。普通にバッティング練習をしていても最後まで見ると言うことに集中すればいいのではないかなと。屁理屈になるかもしれませんが、バントを練習することは打つこととは別物ではないのかと。腰の使い方、タイミングの取り方、スイングの軌道等々にどれほど影響してくるのか?ということかなと。
当然バントの練習は必要でしょう。それがバッティングに繋がるかどうか未だによく分かりません…

ナックルの球速ですが最低でも70キロは欲しいです。
本格派を目指すのであれば80キロくらいあればナックルのみで勝負できるかと思います。
問題はどうやって球速を上げていくのかというのがナックルボーラーを目指す人の課題ではあります。
近道があるとすれば、体全体を使って球速を増しても無回転が維持できるようになってから、無回転率などの安定性を得るためにナックル専用フォームにしていくというのがいいかなと。
速い速度に耐えられる指先の感覚を養わないとなかなか球速が上がらないような気がします…
簡単に5キロ、10キロといってもなかなか球速は上がりません。
速い速度を出すにはどうしたらいいのか?ということから入るといいかなと
2010/08/29(日) 20:50:41 | URL | 岡山 #-[ 編集]
直接的に関連性があるかと言われれば
僕も「ない」と思うのが正直な意見です。

ただ、高校生くらいまでのレベルだと
甲子園を狙うような強豪校は別として

ボールを最後まで見て
バットに当てる行為と
正しいスイングを考え
両立させるのは難しい

だからバントでそのクセをつけ
スイングなんかは素振りとかで
身につけて、自然とそれが合わさり
一つの技術になるのかなぁ~と。

これも個人的な考えなんですが
上手な人には当てはまらない
練習法なのかもしれませんね。
2010/08/29(日) 21:12:41 | URL | ユウ #-[ 編集]
そう、そこです。私が言いたかったのは直接的に関係があるのかどうかという一点。
バントはあくまでもバントの練習でバッティング練習とは別物ではないかと。

だからといって練習方法を変更すると言うことはないですし、バントの練習も十分にすることが必要だと思います。

その中で「バントが出来ないと打てない」と言う考えはどうなのか?ということでした。


ま、ここではあえて触れませんが
バントをすればするほど攻撃側が不利になるという事実(データ)もあります。
むしろ強豪高の高校球児にはバントの練習すら必要ないという事が言えるのかもしれません。極端ですけど(笑)
2010/08/29(日) 21:33:49 | URL | 岡山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。