揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
難しい配球
配球は非常に難しい。

打たれれば間違い。打ち取れば正解。

が、そう簡単にはいかない。
その場面、場面で打たれないであろうという球種やコースを選択する。
数ある中でもっとも被安打率の低いボールを選択する。
が、そこには当然リスクも生じる。
当然ど真ん中は打たれやすいがコーナーギリギリは打たれにくい。

コーナーを狙うとボールになりカウントを悪くするリスクが当然ある。

打者側は相手投手が得意とするボールか、そうでないボールかは見て判断する必要がある。
そこで得意でないボールを投げてカウントを悪くした場合。
この時四球のリスクを背負い勝負するか?配球を読まれてても得意なボールを投げるのか

この当たりの見極めはしっかりとしておく必要はある。


では逆に投手側になってくるとどうすればいいのか

特にナックルはコントロールが難しい球種。
カウントを悪くした場合どう組み立てるのかは非常に重要になる。
とりあえずストレートでカウントを取れば良いと思うかもしれないが
この場面で投げるストレート、実は意外にも難しいのだ

ナックルを多投した後でのいきなりのストレート。
しかもカウントが悪くピンチを招きかねない状況。
これらの要素が加わることで非常に難易度が上がる。

この当たりの技術をもっともっと高めていかなくてはいけないところなのだが
練習試合と公式戦とでは全く精神状態も違ってくる。
公式戦だけの経験ではなかなか積み上げられない。

が、しかしそこが面白い。
緊迫した場面。カウントが悪くなる。
さぁ!どうする!というこの場面。
たまらない(笑)

本音を言えばナックルで押したい。
四球になっても良いからナックルで押したい。

四球になれば「あぁ~やっぱりか」とあきらめもつく。
しかし見事抑えることが出来れば非常に良い経験を得られることになる
が、野球は1人でしているわけではない。

四球は100%出塁を許す。しかし打つとなると良くて3割。
試合に勝つと言うことの選択ともなると四球だけは避けるべき。

そこでどうするのか?ということだが

1:もの凄く強い精神力とストレートの安定力を得られるような練習をする。
2:ナックルと同じ速度のカウントが取れる変化球2つを会得する

ま、私は簡単な2を選択する(笑)
カウントが取れるスライダーとワンシームのチェンジアップ
この2つをうまく使い分ければ十分いけると思っている。


で、この前の試合、この2つのボールで苦しんだ。
原因は分かっている。
ナックルに意識を取られすぎてこの2つのボールの練習が出来ていなかった。
ナックルボーラーにとって大切なモノの一つに

「確実にカウントが取れる球種」

この存在はあるのと無いのとでは雲泥の差。
このボールがあるから多少カウントが悪くなるまでナックルで押せると思える。
精神的な支えとしても重要。


おっと長くなりすぎたかな。
今日はこのあたりまでに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。