揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
惨敗
試合前のウォーミングUPから早くもレベルの違いを見せつけられていた。
一体どうなることかと不安な立ち上がり。
爪の方だが昨日の夜アロンアルファ加工が取れてしまうアクシデント。
しかも新たなヒビ?らしきものが。
これでまたナックルを止めになるとネタ的にも更新できないので
なんとしてもナックルを投げたいところ。

朝一番で新たにアロンアルファ加工を施し、今度はトップコートではなくコロスキンを上から塗ってみた。
状態はいいかんじ。
ナックルを投げても爪への負担は少ない様子。

そして試合開始。
ナックルを投げてみる。
うーむ、制球に苦しむ展開。
マウンドがないグランドだったので余計に投げづらい。
ナックルでカウントを悪くし、ストライクを取りに行ったボールを打たれるという最悪パターン。
それでもなんとか前半戦を3-1のリードで乗り切るが…

中盤にさしかかった時突如乱れてしまった。
1試合平均四死球が1~2つくらいなのにその回だけでも5つくらい出してしまった。
結局良いところ無しでこの回7点を取られ万事休す。

せっかくいい試合をしていたのに、自分のせいで試合を壊してしまったことに申し訳なさを感じるが、まぁ練習試合で良かった良かった。


ナックルを投げてて分かるのだが、無回転で良い変化をしてくれたボールはなかなか打たれないが、普通の棒玉はいとも簡単に打たれてしまう。
といっても打たれる、ストライクが取れない、エラーでアウトが取れない、という悪循環で自分を見失ってしまったよ。
相手が強いから相手にのまれてしまったと言うところだろうか。
まだまだ修行が足りません。

おっとそうだ。
来週の16日に公式戦が決まった。
何とか公式戦初勝利を取りたいところ。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/09(日) 22:41:21 | | #[ 編集]
お疲れ様です
僕も今日紅白戦で先発しました。
4回を1失点(自責点0)とまずまずで試合も勝てました。が、打つ方は2四死球の1三振・・・・・
あと投球練習中に爪を縫い目に立てるスパイクカーブのようなものを試したところ素晴らしい変化だったのですが爪が割れてしまいました。とりあえずアロンアルファとティッシュを試してみようと思います。
2006/04/10(月) 00:45:02 | URL | しらたま #TA1wk.3Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。