揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステップとか
サイドステップの練習で股関節の強化を狙っているのだが
こういう動きをしていると

「ステップをして投げたら球速が上がるのかな?」と思うのは自然なこと。


普段のステップというのは
ステップ幅の大きさや向きにわかりやすくするために使っていた言葉だが
実際にステップをして投げているという感覚はなかった。
ただ踏み出していただけ。

それを飛ぶようにステップをして投げてみる。
一気に前足に体重を乗せるような感じ。
さらに投げる瞬間に左足の膝を伸ばしさらに体重をかけて投げ出す。

それはもう体重が乗った球速も出るナックルが投げられる。
が、当然のように無回転にはならない(笑)
何度か投げると無回転にはなるがそれも単発。

全く安定しない。
でもやっぱり球速があると変化がすごいね。
あまりすごいと試合での実用性が下がってしまうが、やはり変化の鋭い方が良いと思う。
パスボールが心配になるところだけどランナーがいないとき、追い込んでいないときは使えるし。

でもまだ試合で投げられるレベルではないかな。
どうしても試合では「安定性」を選んでしまう。
個人競技ならどうしようが関係ないがやっぱり集団競技だけあって安定性は求められるもの。
特にナックルボーラーなんて安定性がない種類なだけによけいに気を遣う。

コントロールなんだよなぁ
これはその日の調子によってだいぶ変わってくる。
だから投げ方や球速をいじりまくってるとなかなか安定してこない。
試合中に修正できればいいのだが、いざバッターが立てると練習のようには行かなくなってしまう。
ボールが先攻したり、際どいコースをことごとくボール判定されたり
こうなっては無回転どころの騒ぎではなくなってくる


球速を上げながらコントロール力を高め、尚かつ無回転の維持。
絶対何か良い方法があるはず。
その何かを探すためにずっとトレーニングと試行錯誤。

この投げ方が最善だろうと思っていても、1ヶ月もしないうちに
「あ、こっちの方が良いかな」と変えてしまう。
動画をいくつかアップしているけど、全部投げ方違うし、最新のやつとも今は違ってる。


そのうち体壊しそうだな~(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。