揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やられたー
喜久屋
0001000 1
002020X 4
ビギナーズ

うーむ。最終戦にして4失点もしてしまった。
今までは強豪相手でもなんとか3失点くらいまでで凌いでいたのだが…

とは言っても今自分の中では色々試している段階。
フォームも何が自分に合っているのか分からず試行錯誤。
すぐに結果がどうのこうのという感じではないのだけど
それでもやっぱり点を取られると悔しいね。

1点でも失うとどうしてもすべて自分のせいだと思いこんでしまう。
あってはならないことが起きたような感じになり、ホームを踏まれた瞬間は凹む
連打を食らっても何ともないのだが、失点は気分的にキツイ。

ま、そうはいっても次の打者と対戦するときには凹んだ気持ちは引きずってないのだが…(笑)
切り替えの速さは親譲りかも?(笑)


で、今回は全体的にボールが高かった。
打たれたのはほとんど腰の付近。
膝くらいの高さだと打ち取っていた。
とは言ってもこのあたりの細かいコントロールは試合だとなかなか出来ないんだよなぁ~

んでもって今回は左足の使い方に重点をおいて投げていたこともあり
コントロールが付くのか付かないのか不安だった。
思ったよりも感じは良かったのだが、ここ一番ではやはり不安が来てしまう。
投げ込み不足か、自分に合ってないのかはこれからもっともっと投げてから判断しようと思う。

ちなみに意識している部分は
http://nike.jp/baseball/onlinecoaching/index.html
ここのトレーニングスタジオのNO.7
下半身の筋肉をピッチングに活かすトレーニング
というところの「ピッチャーズスクワット」という動画で行っている運動。
その左足の使い方。

投げたときに足をのばすみたいな感じで
ボールに勢いというか体重を乗せるというか…
それで少しでも球速や、安定性が生まれたらなぁ~と思って今回いきなり試合で実践してみた。

まぁ感じは良かったのでもう少し普段のキャッチボールなどで練習していこうと思う。



ところで吉田えりさん海外行きですか!?
すごい行動力です。
キャンプに参加とはすさまじい。

こういうとんでもない規格外の打者との対戦とかはやってみたいですね~
身長も190cmとかあればストライクゾーンが広いでしょうし(笑)
草野球に良くいる160cmくらいのおっちゃんはストライクゾーンが小さくて小さくて…苦労します(笑)
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様ですm(_)m

対ビギナーズ戦も見る気満々だったのですが、百間川まで行ったもののどこでやってるのかわからず泣く泣く諦めて帰っちゃいました。(野球やってるとこ3ヶ所は確認しました。が、それのどこにも喜久屋さんはいなかったです。)

帰りにちゃんと挨拶ができなかったことが、ずっと心に引っかかってて。ごめんなさい。
来年も試合(公式戦、練習問わず)見に行きます。どんどん日時や場所教えて下さいね。よろしくお願いします。
2009/12/16(水) 21:48:28 | URL | めぐ #nwLjaN2U[ 編集]
日曜の投球どうだったでしょうか?自分ではようやく下半身に体重をかけて投げる事ができ、腕が振れたと思ったのですが?
大きなフォームで腕を振ることを意識して投げました。

リハビリや肉体改造を経て最近やっと野球が出来る体だと自負出来るようになりました。と同時にシーズン終了ですが・・・

草野球には復帰したもののフォームや投球スタイルを見失ってしまったし、ここ2、3年での衰えは酷かったのでこのケガを期に管理人さんの様にトレーニング方法や投球フォームを研究して行きたいと思います。
2009/12/17(木) 00:31:34 | URL | 一試合目の先発 #-[ 編集]
百聞川のグランドはわかりにくいところにあるんですよね…
次の試合は相手が見つかれば1月からあります(笑)

いやいやいや。大けがからの復帰ですが、日曜日の投球を見てるともう大丈夫でしょう!
確かに今回の投球は前回と違い下半身に力が乗っていました。
リリースをするタイミングがコンマ何秒か遅く、球持ちが良いという感じでした。
そのために変化球のキレがあったように思います。
ストレートも今回の方が速く感じました。

このオフではお互い頑張って春先には良い結果が出せるように♪
2009/12/17(木) 16:13:33 | URL | 岡山 #-[ 編集]
ありがとうございます、自信になります。

立花氏のHP参考になります、オフのトレーニングに役立てます!

私の場合太りやすいのでトレーニングと言えばウエートトレーニングや野球の動きはほとんどせず10キロ走+ジムでエアロビクス的な有酸素運動を1時間以上は出来るだけ続けていました。
連投だけは自信があった秘訣です(笑

しかし残念ながら上記の様に走っていたにも関わらず昔の人が言う様には球速は速くはなりませんでした。

さて、管理人さんが走る事について書かれていたので少し今回の体験を書いてみます。

リハビリを経て、10月から走る事を始め三ヶ月目です。今回は無トレーニング状態からちょうど月一間隔ぐらいで登板させてもらったので自分の体の変化と投球内容を比べる事ができました。他のトレーニングもしていたので一概には言えませんが10月~12月の登板を比べてみて自分の気づいた走る事の良い点です。

1.コントロールの向上
(10月は下半身に体重がかけれないのでまさに手投げ、ストライクを取るのがやっとでした)

2.体全体のスタミナの向上
(10月は3回で疲労困憊でしたが、11月にはなんとか完投できました。12月にはほぼ全力投球で完投できました。そして次の日の疲れや痛みが全然違います)

3.下半身のねばりの向上
(12月には軸足に体重を溜め大きく踏み出すという体重移動が実感できるフォームで投げられる様になったので球持ちが良くなったのだと思います)

4.守備の向上
(10月、11月はフィニッシュがふらつき打球に反応できませんでした。)

特に2.は下半身のウエートトレーニングでは得られない効果だと思います。
自分の感覚では下半身が強化されるというよりもこの体全体のスタミナがアップする様な効果が大きいと思います。
心肺機能が強化され血の周りが良くなるのか、回を重ねても右腕をはじめ全体的に疲労感が少なくなるのです。
疲れない→フォームが崩れない→無理なく投げられる→体を痛めない
という様な効果があるのではないでしょうか?

私と管理人さんではタイプが違いますが参考になればと思います。
2009/12/24(木) 04:42:14 | URL | 一試合目の先発 #-[ 編集]
>疲れない→フォームが崩れない→無理なく投げられる→体を痛めない

なるほど!ここですね。
この重要度は高いと思います。
確かにフォームが崩れ体の各所に負担がかかって来るというのはありますよね。

大変参考になりました。
2009/12/25(金) 10:31:31 | URL | 岡山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。