揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土壇場で
マツヲさんのコメントにもありましたようにだんだんと寒くなってきました。
まだここ岡山では手がかじかむほど寒くはありませんが
そのうち寒くなってくるでしょう。

指先の感覚が大切なナックルボールにとって指先の感覚が無くなってくるような気温ではさすがにきついですね。
いきなりキャッチホールをしようとしてもうまく投げられなかったりします。
とりあえずウォーミングアップをしっかりとやって
体を温め、温まった血液を体中に巡らせるという方法が一番ではないかと思います。

実際試合ではいくら寒くても手がかじかんできたというようなことは一度もないです。
が、まだ無いだけで、この先はわかりませんが(笑)

まぁ寒いのも、暑いのも困りものですね。
私は手に汗をかくタイプなので冬は比較的楽です。
いつも手が温かい体質みたいですし。
その分夏は死んでますが…肘から先も汗をかくので夏でも必ず長袖のアンダーシャツを着てます。
汗が流れてくるのを防ぐ目的ですね。

日本は四季がありますので、その都度天候や気候にあわせた対策はしっかりと取る必要があると思います

今回の「手がかじかむ」というのであれば投げる前にカイロのようなもので暖めておくとかいいかもしれませんね。

ただお湯で手を温めるというのは良くない気がします。
手は温まっていいかもしれませんが、その分爪が柔らかくなりすぎるような。
そういう状態でボールを投げてしまうと爪がぐにゃっと曲がって線が出来たり…
考えただけでも怖いです(笑)

また、これから先寒い時期がやってきます。
何か良い方法を思いついたらここに書こうかと思います。

思いつけばいいんですけど…



それとボールの感触ですが
これは非常に気にします。
練習試合であえば試合前の試合球を選定しているほどです。
同じ新球でも1ダースに入っている12個はすべて違うように感じてます。
表面を触った瞬間に投げやすい、投げにくいが分かりますし。
ただ、公式戦ではボールを選ぶことは出来ないので、出たとこ勝負にはなってしまいますが…
早朝野球の時は確か選べるはず。とは言っても4球のうちの2球ですが。


が、毎回こういう事をしていたのでは成長しないのではないか?
という思いもあり、最近は投げにくいボールでも投げようと試みています。
特に練習試合では相手が出してきたボールがケンコーだったりしますので
非常に投げづらかったりもします。
また、比較的新しいボールなら良いのですが、かなり使い込んだようなボールでは結構苦戦します。
それでもそこは良い経験だと思って投げてます。
試合という練習とは全く違う環境でナックルを投げる。
投げにくいボールが来てもしっかり投げることが出来るのか?というテーマですね。

また、投げにくいボールというのはいつどこで遭遇するか分かりません。
そのときに
「あ、これは投げにくいボールだな…どうしよう」というようなマイナスイメージを出来るだけ少なくする事も大切だと思います。

投げにくいけどなんとかなる!というように思うようにしていますし、実際心に乱れが無くなれば、そこそこいけるもんです。


「これは投げにくいなぁ~」と思って投げるのと
「お、いつもと違う感触だ。ということはいつもと違う変化をしてくれるに違いない」
「逆に打ちづらいかもしれないぞ」というようなプラスに考えられればいいのかなと。
それもこれも実際投げてある程度「いける」という感触を得ておくことが必要。

このあたりは経験がものを言う部分でしょうね。
もっともっと経験を積みたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。