揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
配球が変わると新鮮
ここ2試合ほどマッスルに用事があり参加していなかった。
その代わりに新人の太田君がキャッチャーをしていたのだけど
やはり人によって配球術が違うんだなぁ~と実感。
あらかじめ試合前に
「好きなところでストレートを要求していいから」とだけ伝えておいた。
あくまでも打者の裏をかく配球にすることが基本だとも。

普段ならここでストレートかな?と思うような所でもナックルのサインが出たり
普段ストレートが出ないタイミングで出してみたり。

なるほどなるほど。と言うような新しい感覚を得られたのはよかった。

一応普段からどういった感じで投球を組み立てているのかは見てるはずなので
大体のことは分かっているんだけど
カウントが悪くなってからでもナックルを要求してくるあたりは肝が据わってるなと(笑)
まぁこのあたりはキャッチャーとの信頼関係もあるし
普段からのコントロール力に依存してくるんだろうなと。




結局いくら無回転のナックルが投げられてもコントロールが悪いと試合では使えない
キャッチボール止まりになるのはそのあたり。
ここの壁さえ破ってしまえば比較的経験を積むことは可能だろうと思っている。
あとは周りの人がナックルを受け入れてくれるかどうか。

投げてる本人とキャッチャーには変化が分かるだろうが
他の人にはさっぱり分からない。
変化してるのかどうか分からない緩い球を投げ続けて、本当に打ち取れるのか?
と言うような不安をみんな抱いている(笑)
実際ハマオやつばさに聞いても
「何で打てないのかさっぱり分からない。後ろから見てると遅くて打てそうなのに」
と言うくらいだから(笑)

とは言ってもナックルボール=打たれない魔球ではないので
いつかは打たれるし、その打たれるときが重なって連打になることもある
その時のイメージが強くなると
ナックル=魔球ではなく
ナックル=不安定
となってしまいかねない。
いかに印象をよくするのかがカギかもしれないなぁ~



ちなみに
今でこそ防御率はかなり良い数値を保っているが
これが強いチームとばかりあたると3~4くらいになるんじゃないかなと思ってる
失策とかも色々絡んでくると1試合あたりの失点は5~6くらいかな
ん~これじゃ勝てないな(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。