揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体感速度
マシンを使って速球対策をしている。
これはなかなか良い運動にもなるし、素振りでは出来ないほどのフルスイングをしてしまう。
良いんじゃないの?速球に対しフルスイングが良いのか悪いのかは別として
フルスイングをすることによって自分のスイング速度を上げることが出来るからこれは十分良い練習になっている。
みんなボールにもだんだんと当たるようになってきたし。

そこで実際の体感速度はどのくらいなのか測定してみた。
まずボールが発射されてキャッチャーが取るあたりまでの時間は0.53秒あたり
これを18.44mで考えると125キロになる。
あら?意外に遅いな…と思った。

次に、キャッチャーが取る位置ではなく
ボールをミートさせる位置で考えてみる。
それだとボールが発射されて打つ瞬間までの時間は大体0.42秒。
速くて0.38秒くらいで遅くて0.46秒くらい。
ボールによって速度が違うためにばらつきがある。
これを18.44に当てはめると158キロ!
でもまぁマウンドからの位置ではなく踏み出して投げているのと
打つポイントがベースより少し前なのを考慮して考えると
0.42秒で140キロくらい
0.38の最速で155キロ
一番遅くて0.46の128キロ

140キロのストレートが来ると思っていると128キロのチェンにアップが来るというような感じ。
たまに150キロを超えるボールもある。

ボール自体の速度は78キロくらいなので怖くはないが
ウレタンボールなので強烈なバックスピンがかかると伸びのあるボールが来る。
155キロくらいのストレートだと浮き上がって見えるし
128キロのチェンジアップはしっかり沈む。
通常でも沈んでるようには見えないが実際には少し沈んでいるというかなり実戦に近い感じで打てる。


あ、そうそう
グリップテープを注文してみた。
スポーツ店に明るいグリーンがなかったために

レッド(1)と濃いグリーン(1)とライトグリーン(3)みたいなのを買った

それと木製のバットをオーダーできるHPがあったので
そこで注文してみたところ
完成は12月中旬とのこと。
最終戦に間に合わない感じ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。