揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
配球術
日曜日は12時から17時までの5時間試合をした。
2チーム相手に2試合をしたのだが、さすがに疲れた…
日中は気温も高くもうバテバテ
しかも2試合とも負けてしまった(笑)

1試合目を投げたんだけど
相手チームは中学生が5人くらいいる生きの良いチーム。
当然身長も低く、ストライクゾーンが狭い!(笑)

それでも今回はナックルのコントロールに気をつけて投げた。
なんと言ってもストライク先行でどんどんカウントを有利にしていくのが自分のスタイルでもあり必勝パターン。

でもまぁ一番良いのは初球からどんどん打ってくるようなチームの方がやりやすいけど。

結果的には無四球で終えられたのでよしとするかな。


まず最初に打者と対戦する時に考えるのは「3球」の組み立て。
打者の仕草、目線、構え、アウトカウント、走者の有無、その前の打者の組み立て
これらを総合的に考えて3球を考える。
3球のうちどこにナックル以外の球種を混ぜるべきか、混ぜないべきか、すべてナックル以外か

当然すべての打者をアウトに出来る訳ではないので
その場面場面で最もヒットを打たれないであろうという球種を考えて投げる。
ヒットを打たれる確率5%くらいの球種を選択するのがベストかな。
もちろん読みがはずれて25%くらいだったりする。
それでもヒットを打たれなかったり、5%の球種を選択してもヒットを打たれたりする。

だからこそ
被安打は確率の問題と自分自身の中で割り切っている。

そこにナックルという球種が不確定要素をたっぷり含んでいるので
投げる側としては非常に面白くなってくる。
良い変化をしたり全くしなかったり、失投したり。

そこで重要なのは当然ながらキャッチャーであるマッスルとの呼吸。
お互いの意思の疎通がとれていないと投球の組み立てがちぐはぐになりリズムがつかめない。
ナックルを投げたときの感覚。
リリースの瞬間「あ。なんか違うな」というような感覚を得たとき。
ファールを打ってボールが返球されたときに
ボールに付いた土のせいで握った感覚の違和感を感じたとき(これ結構重要)
指先の感覚が少しだけ鈍ってきたとき

こういう心理状況になった場合
「とりあえず次はナックルやめとこうかな」というような考えがふと浮かぶもの。
それでも強引にナックルを投げるべきか
それとも違う球種を1球投げておいて気持ちを落ち着かせるか。

こういうような投手の心理状況をキャッチャーが感じ取るのは非常に困難。
というか分からないはずだ(笑)

で、こういう場合強引にナックルを投げるとろくな事がない。
気持ちに少しでも迷いがあると何かしらボールに影響が出るものだ。

よって球種に関しては絶対的に投手側に権限を置くべきだと思う。
当然その分すべての責任を投手が背負う。


ナックルボーラーを目指す
しかしその道のりは相当長い。
完全にナックル一本で勝負できるレベルまでにはいくつもの段階を踏む必要がある
今私の状況は自分のナックルを磨くためにより効果的な配球を模索している段階
何もなしでナックルだけ練習をして、配球も何もなければ絶対に勝てない。
まだまだ不安定なナックルをどんどん安定させていくためにはナックルを試合でどんどん投げるしかない。
そしてそのナックルを試合で投げられるようにするには「結果」を出さなければいけない。

ナックルが投げられるようになったから即試合で通用することは決してない。
試合で投げると言うことは練習ではなかったようなことが無数に起きる。

それも面白い部分なんだけど。

このあたりの話を少し掘り下げてみたら面白いかもしれないな~
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です…。

野球に関しては基本的なルール(?)ぐらいしかわからないんで、岡山さんのブログで色々勉強させてもらってます。選手の方々の心理状態とか、興味深いです。これから試合の見方も変わってくるのかなぁと自分でも楽しみです。11日が待ち遠しいです。

えっと…練習試合、多少遠いとこでも都合さえつけば見に行きますよ(笑)
2009/09/29(火) 14:13:33 | URL | めぐ #nwLjaN2U[ 編集]
未だに11日の時間は分からないです。

で、11日ですがボコボコに負けると思います(笑)
2009/09/29(火) 21:17:17 | URL | 岡山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。