揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙飛行機のように
20051230.jpg

ナックルボールの変化というのは様々な変化がある。
ネットで調べてみると
「ゆらゆら揺れながら落ちる変化球」とあったりする。
ある程度無回転のボールが投げられるようになると
右に曲がったり、左に曲がったり、左右に揺れたり、ストンと落ちたりする。

しかし揺れる球以外にもナックルボールにしかできない変化がある。
それは落ちない変化だ。
紙飛行機が飛んでいくようにスーッと落ちずに進んでいくボールだ。

このボールが投げられるようになってくると多くの意味でかなり有効だ。
が、意図的に投げられるというものではなく、
落ちたり落ちなかったり様々な変化のうちの1つ。
滅多に投げられないが実際投げられるとすごく気持ちが良い。

しかし投げられるには1つの条件が必要。
それは球速だ。
ある一定以上の速度がないとこの「落ちないボール」は投げられない。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/31(土) 02:25:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。