揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非力だからこそ
まずナックルボールを投げると言うことは
普通ではないということは理解できると思う。
他の球種とは全く異なる方法が必要だから。

無回転でボールを投げるというのは技術的にもやっかいだ
そればかり意識してると他のところまでおかしくなる。
それでも無視して投げ続けていくとようやく無回転が投げられるようになる。

問題はここから。
元々プロ野球の選手がナックルボールを会得していくのであれば問題ない。
もしくはそれ相応のボールを投げる能力があれば。
しかし素人が投げようとしてもやはり壁がある。

140キロのボールを投げるのは素人にはまず無理だからだ。
普通でも120キロも厳しい。
ナックル専用フォームで投げると言うことは
普通に投げるよりもさらに球速が下がる事になる。

そこで素人(体力がない人)はもう一がんばりしなくてはいけなくなる。

普通の投球フォーム

ナックル専用フォーム

普通のフォームへ

ナックル専用フォームで無回転率を上げて、そこで終わりとなとなるのは
そのフォームで100キロのナックルが投げられるくらいないといけない。
が、そんなのは普通では絶対無理。
ならば球速がでるようにすればいい。

じゃぁ、最初から普通のフォームでナックルの練習をすればいいじゃないかと思うかもしれないが
それはそれで難しいんじゃないかと思う。
全然上達しなくても挫けない心と、長期に渡ってナックルと向き合える時間があればいい。
でもそんなのかなかなか難しいんだよね。結局。

もちろんここでは球速について書いてあるだけなので
コントロールや他の球種との組み合わせ
セットポジション。クイック等いろいろあるけど
今回は触れてない。

私が言いたいのは
ナックルボーラーはナックル専用フォームで投げるというのが当たり前になっているという
この風潮というか、そうあるべきと言うか
なんかおかしな呪縛にとらわれているんじゃないのか?と言うのを心配して…
当然無回転が投げられるのであれば通常のフォームで投げた方が良いに決まってる。

私みたいな素人がナックルに挑戦するのは条件的にも厳しいのは分かってる。
でもやっぱり挑戦してみたいしね。
それならもっと良いナックルを投げるにはどうしたらいいのかという
「工夫」の部分はまだまだ誰も気がついてない要素がたくさんありそうだ。
だからこそ面白い。
スポンサーサイト
またもや!
ログインパスを忘れてログインできなかったけど
何とか思い出した。

ようやく落ち着きそうなので少しずつまた更新していこうと思う。

この前秋の大会の予選リーグ3試合目を消化

シーサイドマリナーズ
0000000 0
001000X 1
喜久屋

珍しく完封勝利となった。
相変わらずC号球ばかり握っているので、いきなり試合をするとA号球がとんでも無く大きく感じる。

ナックルの調子はまぁまぁ良かった。
四球を1つ出したものの3塁を踏ませない好投が出来たのは
「外角のスライダー」だと思う。
ナックルとストレートの組み合わせだと相手が強くなるとなかなか抑えられない。

そこで第3のボールが必要になってくるのだけど
追い込まれると相手はストレートを警戒してくる。
そこでストレートと思わせておいての外角スライダーで勝負する。
相手ベンチから今のストレート?という声や雰囲気があれば合格。
ベンチとかの横から見て変化球と気がつかれないことが重要。

そうなってくると三振も増えてくるので、バッターとしても追い込まれる前に打ちたくなる。そうなることでナックルの効果も向上してくる。
早打ちはこっち側からとしても非常に助かる。
かといって待っていると追い込むことが出来る。
このプラスの連鎖が続いてくると試合運びも楽になってくる。

全然更新が出来なかったせいでたっぷりネタは溜まっているので
少しずつ更新できたらなと思う。

投げ方とかフォームとかは少し変化があると思うけど
握りは以前と同じ。
もうここを定期的に読んでくれてる人はいないと思うので
新たな気持ちでスタートしよう!!うんうん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。