揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナックルの事
ずっとナックルを投げているといろんな発見がある。
その発見で得た事も、時間がたてば実は間違っていた事とかもある。

ナックルには○○が必要だ!
と思っていたのに、やっぱり不必要だったとか
またその逆だとか。

ナックルを投げる方法も人それぞれで違ってくるし
一概にこれが正しい!というのは無いのかも知れない。

ただやはり無回転を作り出す方法ということに関しては
ゴルフのスイングのように
ある程度決まった方法があるような気もする。
ただ投手がストレートを投げると言うことであれば
いろんな投げ方があってイイ。投げやすさ優先、打ちにくさ優先
球速重視、コントロール重視、速球派、変化球派
といろんな投球方法があるけど

ただ無回転を作り出すという1つのことだけに特化すればいいのだから
きっちりこういう投げ方をすれば回転数が飛躍的に少なくなるというのはある(ハズ)


握力に関しては
「特別強い握力は必要ない」ということは確実。

球速に関して言えば軟式だけど80キロくらいで十分。
それ以上速くなると疲労が大きく、ストレートとの緩急も付けにくい。
たまに非常にキレる変化をするからパスボールのリスクが上がる。
60キロくらいでも変化はする。
変化をしたから打たれないと言うことはない。

実戦の試合では
ナックル一つだと厳しい。
現実的にストレートは必須。
ストライクが確実に取れる球種を持ってないと試合では厳しい。
牽制球の技術はあって当然でないと厳しい

結局ナックルボーラーになるためにナックル以外の部分の練習を怠ると
それは試合では厳しくなる。
ナックルボーラーはナックルだけ練習していればいいと言うのは全くの間違い。
普通の球速より遅く、コントロールしづらいボールをあえて投げるのだから
そのデメリットを補って余るくらいのの技術を上積みしておきたい。



うーん。
何を書きたいのかよく分からなくなってしまった(笑)
ま、また思いついたら書いていこう。うんうん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。