揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ズルズルと・・・
いったん更新をやめてしまうと
再開のタイミングとか、さっぱり分からなくなってしまった・・・


この前の日曜日に試合があったのだが
このオフの間に握りの感じを少し変えていたので
それが実戦でうまくいくのかどうか試してみたかった。
投球フォームももっと体を使ったフォームを取り入れたり
全く体を使わない手投げのフォームとかも試したり。
ま、これだけで大きく分けて4種類投げられる。
体を使ってナックル
体を使ってストレート
手投げでナックル
手投げでストレート
こんな風に。

それとこの試合ではストレートを全部シュート系のツーシームで試した。
三振を取るよりも詰まらせて内野ゴロを狙う作戦。
フォーシームが投げたくても我慢してツーシームを投げてみたが
これはこれでうまくいったようだ。
あとは細かいコントロールが必要かなと。


ナックルを投げていると分かるんだけど
「このバッターはナックルに強い」というのが分かる。
そう言う打者にはナックルを投げずに勝負していきたいところだけど
練習試合では徹底的にナックルで押す。

この試合では3打数3安打にされてしまったけど
それでもその打者に対してどんなナックルを投げればいいのか?
という勉強になるので、これからも続けていきたい。
ま、今回は答えとか出なかったけど(笑)


それではちょくちょく更新していきたいと思います。
ではでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。