揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良いブログだ
どんどんナックルボーラーが増えてきているようですね。
将来TVで日本人がナックルボーラーとして投げている姿が見られるときが来るかも知れません。
これは非常に楽しみです。

高校生のナックル。
すごいですね。
動画を見てもナックルの変化が分かる!

やっぱり感心したのはカメラが回っている状況でも
無回転を作り出してストライクを取っている
これでしょうかね。

緊張とかで指先の感覚がおかしくなると無回転が作り出せなかったりしますから。
TV慣れするようなそういう状況ではまだ無いでしょうし。
すばらしい。頑張って欲しいですね。
また実戦ではどうなっているのかとかも気になります。



http://ameblo.jp/knuckle49/
ブログの方ですが、ナックルについて詳しく書かれているようですが
私ではないです。
いいことですよね。ナックルに興味を持って、詳しくなる。
うんうん。
非常にいいブログですね!!
更新を楽しみにしています。



さてさて、上記のブログにもありましたが
日本でのナックルボーラーの出現には非常に大きな壁があります。
これは私も過去に何度も言ってきたものですが
いきなり結果を出さないといけない。
成長過程を見守ってくれるようなチームはほとんど存在しない。
強豪校になればなおいっそう難しくなるというものです。

そういう点から考えると
私の場合草野球ではありますが、実戦でナックルボーラーとして試合をこなせているのは
非常に恵まれた環境にあります。
もしかしたら実戦の登板数で言うと日本記録保持者かも知れません(笑)
ま、現実には上には上がいるものですが。

しかしナックルボーラーとしての四死球の少なさには自信があるので
これはもう日本一!と豪語させてもらおうかな(笑)
1つくらいなにか持っている方がモチベーションも上がってきますし。ね。

今日は雪が降る悪天候。
そろそろ握りの変更とか、そういう細かい部分の更新とか
写真を使って分かりやすく説明したりしていけたらいいかな。


私自身は先週の日曜日の試合で少し膝を痛めてしまった・・・
ま、治ってきていますし大したことはないはず。
それ以外はかなり元気にやっております。
スポンサーサイト
ズルズルと・・・
いったん更新をやめてしまうと
再開のタイミングとか、さっぱり分からなくなってしまった・・・


この前の日曜日に試合があったのだが
このオフの間に握りの感じを少し変えていたので
それが実戦でうまくいくのかどうか試してみたかった。
投球フォームももっと体を使ったフォームを取り入れたり
全く体を使わない手投げのフォームとかも試したり。
ま、これだけで大きく分けて4種類投げられる。
体を使ってナックル
体を使ってストレート
手投げでナックル
手投げでストレート
こんな風に。

それとこの試合ではストレートを全部シュート系のツーシームで試した。
三振を取るよりも詰まらせて内野ゴロを狙う作戦。
フォーシームが投げたくても我慢してツーシームを投げてみたが
これはこれでうまくいったようだ。
あとは細かいコントロールが必要かなと。


ナックルを投げていると分かるんだけど
「このバッターはナックルに強い」というのが分かる。
そう言う打者にはナックルを投げずに勝負していきたいところだけど
練習試合では徹底的にナックルで押す。

この試合では3打数3安打にされてしまったけど
それでもその打者に対してどんなナックルを投げればいいのか?
という勉強になるので、これからも続けていきたい。
ま、今回は答えとか出なかったけど(笑)


それではちょくちょく更新していきたいと思います。
ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。