揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公式戦はおわりー
北興クラブ
2000200 4
0000000 0
喜久屋

2回ほどチャンスがあったので良かった(笑)
話にならずに一方的に負けるというのは避けられた。

10安打も打たれたので完全に力負け。
それでもカウントをとりに行ったナックル以外の球を打たれたりしたのが悔いが残る
それと甘いコースに入ったボールは簡単にヒットにされる。
コントロールミスで甘くなるのは悔しいが、ナックルの場合はそこまでの細かいコントロールは出来ないので仕方ないかなと。

それでもまたこの試合でも無四球だったのは評価できるかな。

公式戦における四死球の数を
今シーズン公式戦は8試合消化
1試合目 四球2 死球1
2試合目 四球0 死球0
3試合目 四球1 死球0
4試合目 四球0 死球0
5試合目 四球1 死球2
6試合目 四球0 死球0
7試合目 四球0 死球0
8試合目 四球0 死球0

合計 四球4 死球3
うーん。いい感じじゃないかな。
とにかくコントロールを乱しての失点というのが一番志気を下げるから
それだけは避けなければいけないと必死。


今中日と巨人の試合を見ていたんだけど
終盤巨人の投手のコントロールが乱れて、そこから失点した。
最後のサヨナラも四球が原因。
ストライクが取れないと言うのは試合の流れを非常に悪くする。

完全な打たせて捕るタイプの私だが
コントロールはまさに命綱。これがないと守備のリズムも良くならない。
なんとか試合を壊さず凌げているのはこのコントロール。

しかしコースをきっちり突くコントロール力はそこまでない。
あるのは「ストライクを取る」これだけ。
このストライクを取る能力を最大限に生かす方法でしか私は生き残れない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。