揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った映像が!
http://knuckleball.blog42.fc2.com/blog-entry-528.htmlまずはここで触れた問題
http://knuckleball.blog42.fc2.com/blog-entry-530.htmlここでの思考

ヘッドスライディングはファーストへの到達時間を早めるのか遅くなるのか

この問題は前から気になっていたし
私個人はヘッドスライディングが速いと思っていた。
が、怪我を防ぐためにもしない方がいいと考えている。

そしたらついにCGの合成で駆け抜けたときとヘッドスライディングの映像を重ねて実験していた。
桑田の間違いだらけの野球の常識みたいなコーナー。


ここの7分44秒から非常に興味深い映像がでる。

これでようやく疑問が解決したよ。
スポンサーサイト
公式戦はおわりー
北興クラブ
2000200 4
0000000 0
喜久屋

2回ほどチャンスがあったので良かった(笑)
話にならずに一方的に負けるというのは避けられた。

10安打も打たれたので完全に力負け。
それでもカウントをとりに行ったナックル以外の球を打たれたりしたのが悔いが残る
それと甘いコースに入ったボールは簡単にヒットにされる。
コントロールミスで甘くなるのは悔しいが、ナックルの場合はそこまでの細かいコントロールは出来ないので仕方ないかなと。

それでもまたこの試合でも無四球だったのは評価できるかな。

公式戦における四死球の数を
今シーズン公式戦は8試合消化
1試合目 四球2 死球1
2試合目 四球0 死球0
3試合目 四球1 死球0
4試合目 四球0 死球0
5試合目 四球1 死球2
6試合目 四球0 死球0
7試合目 四球0 死球0
8試合目 四球0 死球0

合計 四球4 死球3
うーん。いい感じじゃないかな。
とにかくコントロールを乱しての失点というのが一番志気を下げるから
それだけは避けなければいけないと必死。


今中日と巨人の試合を見ていたんだけど
終盤巨人の投手のコントロールが乱れて、そこから失点した。
最後のサヨナラも四球が原因。
ストライクが取れないと言うのは試合の流れを非常に悪くする。

完全な打たせて捕るタイプの私だが
コントロールはまさに命綱。これがないと守備のリズムも良くならない。
なんとか試合を壊さず凌げているのはこのコントロール。

しかしコースをきっちり突くコントロール力はそこまでない。
あるのは「ストライクを取る」これだけ。
このストライクを取る能力を最大限に生かす方法でしか私は生き残れない。

マネーボール
マネーボール
(マネーボールとは、2003年に出版された本の名前)
http://www.green.dti.ne.jp/microkosmos/baseball/moneyball.html

私はまだ読んだことがないのだけど、これは非常に面白そうだ
読んだ友人からナックルボーラーの特性について色々と話を聞いていると
非常に面白いものだと思う。
野球人の錯覚とかそういうリアルな数字に興味がある人とかにはお勧め。
「勝つ野球」というものが見えてくると思う。

で、以下友人の文をそのままコピペ(笑)
----------------
このまえ書いた「マネーボール」に書いてあったんだけど、
ナックルボーラーの特徴として「被安打率が安定する」という点があるらしい。

どういうことかと説明するとちょっと長くなるんだが
まず前置きとしてこの本によると、一般的にピッチャーの成績の指標として使われている
「防御率」「被安打率」といったデータは、実はピッチャーの善し悪しを表す数字としてはほとんど意味がないとのこと。
逆に重要なのは、「奪三振数」「与四死球」「被本塁打数」だそうだ。

つまり、三振を取るのは投手の実力、
ホームランを打たれにくいのも投手の実力、四死球が少ないことも投手の実力だけれども、
フェアーゾーンに打球が飛んだ場合に、それがヒットになるかどうかは殆ど"運"で、
投手の実力とはほとんど関係ない、という主張。

これは俺もある程度は理解できるものの、
そこまで言い切れるものなのか?とちょっと疑ってしまうが(笑)、
どうも統計データ的にはこれはかなりの確度で正しいらしい。


それで話は戻って「被安打率」についてなんだけど、
上記の通り"飛んだ打球がヒットになるかどうか"は殆ど運なので、
普通は今年「被安打率」が優秀だった投手が、来年以降も「被安打率」が優秀かというと全くそういうことは無いらしい。

ところが例外的にナックルボールを投げる投手だけは、
毎年安定して「被安打率」が低い傾向にあるとのこと。
ナックルボーラーってのは普通の投手と違う部分に優位性を持ってるんだなあ、と感心したよ。
----------------


で、昨日の試合を思い出す。
三振はたぶん2つくらいしか取ってないと思う。
後はすべて打球が前に飛んでいる。
被安打は確か2か3
27個のアウトのうち25個を打球で処理したということになるんだっけ
エラーは5つくらいあったかな。

実際に投げていても打ちそこないの内野ゴロが非常に目立つ。
被安打率が低いというのは確かに実感できる。
ただそれはメジャーでの話になるから素人の軟式野球にどこまで影響しているのかとかは分からない。

ただ、面白いことに気が付いた。(大発見かも!?)
キャッチャーが捕れないようなエグい変化をするナックルボール。
バットにもかすりもしないようなナックルボール。
果たしてこれが最も良いナックルなのか?と。

ここからは実体験なので正確ではないかもしれないのはご理解願いたい。

ナックルボーラーとしてナックルボールで空振りを取るのが一番良いナックルなのかといえば
答えは「NO」である。
一番良いのは打ちそこないのアウトに取れる打球を打たせるナックルだ。
空振りを取ってアウトにするには最低3球要するのに対し
打ち損ないを得るには1球ですむ。
また、パスボールなどのリスクも減る。

打者からしてみると、あんな遅い球打てるはずだ!
という意識は当然あるだろうし、追い込まれてからのストレートを考えると浅いカウントから
ストライクゾーンのナックルに手を出すのもうなずける。
この試合も無四球だったというのも功を奏す。

実際に回の浅い段階では打者はボールを見てくる。
初球からどんどん打ってこない
「ナックルボーラー=コントロールが悪い=四死球が増える」
相手からチャンスが転がり込んでくる可能性が高いと思っているだけに追い込まれるまで待ってくることも多い。
が、実際に追い込まれてしまうと、厄介なことに気がつき始める。
そして四死球がないということにも気が付いてくる。
それが大体4回か5回くらい。
そのくらいになってくると追い込まれないうちにナックルだけを待って
あの遅い球を打ってやるという意識が出てくる。

後半初球打ちなどが目立ってきていたのもそのためではないだろうか。
こっちとしては初球から打ってきて内野ゴロでアウトの方が体力温存のためにも効率が良い。

まさに今やっているのは「打たせて捕る」という事なのだと思う。
そりゃ体力や技術に自信があれば奪三振を多く奪うような組み立てでも良いかもしれないが
結構しんどいと思う。
例えるならマラソンで25キロくらいからスパートみたいな(笑)

で、試合が終わってからチームメイトに聞いてみた。
仕事の関係でなかなか来られない2人に聞いた
「守ってて緩い球ばかり投げてるピッチャーだと不安にならないか?」と

するとこんな答えが来た
「打球がどんどん飛んでくるので守備にリズムが出ます」と

なるほど。これはあんまり気が付かなかった。
確かに守っている側から考えてみると
三振をバッタバッタと取っていく本格派の投手であれば
心のどこかに「ピッチャーがなんとかしてくれるだろう」というような緩みが出るのに対し
ボテボテの打球ではあるがかなり飛んでくると
「自分たちでアウトにするんだ!」と気持ちが緩まないということもあるかなと。
良い守備が出ると気持ちも前向きになってくるしね。

引っ越し完了
引っ越しに伴い何日かネットに繋がらない環境でしたが
ようやく繋がりました。

引っ越し前と、引っ越し後でドタバタしてなかなか更新することが出来ず…
まだまだ落ち着いてはいませんがそのうち落ち着くでしょう。

で、昨日公式戦があり1-1の同点。
毎回ピンチの連続でしたがなんとか守りきった感じ。
こっちは2安打しか打てず、1点取るのがやっと
1勝ずつしているチーム同士の対決でしたので同点で勝ち点1を加えるとどちらも決勝トーナメント進出でしたが
相手チームは「勝てた試合」だと思っていたでしょう(笑)
こっちは引き分けで喜んでいたのに対し相手はなんだか悔しそうでしたし

そういえば友人に
「被安打率」の事で面白いことを聞いたのですが
確かにナックルボーラー特有の現象はあるように思います。
詳細は別の日記にて。
ようやく
キャッチボールをする場所が片づいてきたので
ようやく練習を本格的に再開できそうだ。
気温も下がってきてやりやすくなってきたし。

マッスルも新しいグローブを買った。
まだ肩と手首が痛いらしいけどこれでモチベーションを上げて行くしかないな(笑)


明日は公式戦。
予報は雨だけどどうなるでしょうか…
予選2試合目なので勝てば文句なし決勝トーナメント進出
負ければほぼ絶望。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。