揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知りたい心の内
最近は息子の野球の練習に必死になりすぎて自分の練習はほとんど出来てない状況。
もういくら練習をしても目に見えて上達が分からない自分よりも
教えれば教えるだけ、やればやるだけ上達していく息子を見る方が面白くなるのは自然な流れかな。

ナックルボールを投げ始めようとしていた時のことを考えてみても
最初はほとんどまともに投げられなかったが
練習をすればするほど新しい発見や上達が身をもって分かる
そういう時期はもっともっと練習がしたくなる

ここに来て自分の限界が見えてきたりすると「ナックルボールの練習」というものに意欲がわかなくなってくる。
無理矢理にでもすればそれはそれでするのだろうが、草野球レベルともなってくると
「今日はしなくてもいいかな」と思ってしまう。

上達の速度や度合いはいつか頭打ちになる
その頭打ちになった時がたぶん今の時期なのだろうと。
これは全員が通る道なハズ。
もちろんそれ以上に上達したい、まだまだ上を目指す!という気持ちは重要だし
そのモチベーションを維持していくのも技術の1つだろう。


そろそろこのナックルボールのブログも閉鎖をしてもいいかなーと思い始めているけど
ま、せっかく始めたことだし、閉鎖というのも寂しいかなとも思う(笑)


欲を言えば私以外のナックルボーラーが試合で投げた感想だとか
気持ちの動き、ピンチの時の心情、とかを聞いてみたい。

無心でナックルだけ投げておけばいいんじゃない?といわれればそうかもしれないが
実際にはそうはいかない。投げてるのも人間だし、ナックルのレベルが100%でもない
ナックルを投げると言うことは良いことばかりでもなく、それと同様の大きなリスクも背負っている。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。