揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常に難しい選択
さて、昨日の試合は予選第一試合目。
予選は2試合をこなし勝ち点など得失点差で決まる。
2勝すれば文句なし。1勝1敗のチーム同士での得失点差が重要になってくる

回は5回裏。
0-5で負けている。
先頭打者が塁に出て、次の打者も死球で出塁。
1アウト2,3塁から無い安打を打ち1-5。

そして私の打席。
1アウト2,3塁の形になった。先ほどと同じ形。

ここで分かっている条件
相手投手の球は速い。しかし前打席にライトオーバーの2塁打を打っている
セカンドランナーは足が速いのでスクイズが決まれば2ランスクイズも決まるだろう。
もし決まれば3-5
決まっても勝ちは遠のく。勝つならランナーをためていくこと。安打を狙う
相手のサードは2球ゴロが飛んできているが2つともセーフになっている。
うまくバントがサード側に転がれば内安打もある
打ってアウト、そのまま1-5で試合が終わるかもしれない。
どうせ負けるにしても1-5で負けるのと3-5で負けるのとでは
予選が通過できる可能性に開きが出る
カウントは1ストライク。(1,3塁から1塁走者が盗塁したために1球待った)

そこで選択したのはスクイズだった。

とにかく点差を縮める。
目先の点は取っておく。

が、結果はファール。
外角高め。ボール気味。球速が速くて上手くできなかった…

追い込まれたので後は打つしかない。
やっくそで振ったら左中間に2塁打。結果的には良かった。
3-5で尚かつ1アウト2塁。
ここから安打で1.3塁。盗塁して2,3塁。
ここでスクイズが決まり4-5
四球で2アウト2,3塁
そしてライト前決勝打が出て逆転に成功した。

この試合だけなら、これがトーナメント戦だったなら
1-5で負けていて回は5回。
1アウト2,3塁ならセオリーはヒッティングだろう。
しかし予選1回戦目と言うことで2戦目も考慮し「予選を突破できる可能性を高める」という選択をしなければいけない。

たまたまその場面が自分に回ってきたので面白かった。
こういう頭を使った野球は非常に面白い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。