揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校野球の戦術
高校野球の戦術としてまず思いつくのが

「送りバント」

地方予選から甲子園の大舞台まで
この送りバントは非常に多用されている

犠打=美学

とされているのではないかと思わせるくらいだ。

もちろん時と場合など監督のさじ加減一つで作戦は変わってくるが
この「送りバント」作戦的にはマイナスになっている。
あくまでも統計的なデータだが、送りバントをすることによって得点力を失っている。


プレイヤーや監督などが思っている以上に「アウトカウント」というのは重要なのだ。
ただ、送りバントをするなと言うのではない。

甲子園に出てくるような強豪校などのレベルに達しているチームであれば
1つや2つのチームくらいデータ野球をしてくるチームがあっても良いんじゃないかと思う。
得点できる可能性が最も高い選択をし続ける事こそが勝利への近道。

監督や部員の愛読書は「野球人の錯覚」というチームは出てこないのかなぁ~(笑)
とふと思った
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。