揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常に難しい選択
さて、昨日の試合は予選第一試合目。
予選は2試合をこなし勝ち点など得失点差で決まる。
2勝すれば文句なし。1勝1敗のチーム同士での得失点差が重要になってくる

回は5回裏。
0-5で負けている。
先頭打者が塁に出て、次の打者も死球で出塁。
1アウト2,3塁から無い安打を打ち1-5。

そして私の打席。
1アウト2,3塁の形になった。先ほどと同じ形。

ここで分かっている条件
相手投手の球は速い。しかし前打席にライトオーバーの2塁打を打っている
セカンドランナーは足が速いのでスクイズが決まれば2ランスクイズも決まるだろう。
もし決まれば3-5
決まっても勝ちは遠のく。勝つならランナーをためていくこと。安打を狙う
相手のサードは2球ゴロが飛んできているが2つともセーフになっている。
うまくバントがサード側に転がれば内安打もある
打ってアウト、そのまま1-5で試合が終わるかもしれない。
どうせ負けるにしても1-5で負けるのと3-5で負けるのとでは
予選が通過できる可能性に開きが出る
カウントは1ストライク。(1,3塁から1塁走者が盗塁したために1球待った)

そこで選択したのはスクイズだった。

とにかく点差を縮める。
目先の点は取っておく。

が、結果はファール。
外角高め。ボール気味。球速が速くて上手くできなかった…

追い込まれたので後は打つしかない。
やっくそで振ったら左中間に2塁打。結果的には良かった。
3-5で尚かつ1アウト2塁。
ここから安打で1.3塁。盗塁して2,3塁。
ここでスクイズが決まり4-5
四球で2アウト2,3塁
そしてライト前決勝打が出て逆転に成功した。

この試合だけなら、これがトーナメント戦だったなら
1-5で負けていて回は5回。
1アウト2,3塁ならセオリーはヒッティングだろう。
しかし予選1回戦目と言うことで2戦目も考慮し「予選を突破できる可能性を高める」という選択をしなければいけない。

たまたまその場面が自分に回ってきたので面白かった。
こういう頭を使った野球は非常に面白い。
スポンサーサイト
市長杯予選1試合目
ドリームス
0300200 5
000060X 6
喜久屋

奇跡の逆転勝ちでした。
5点取られたときはもう駄目だとみんな思っていたんだけど、一気に6点もとれた
相手投手の球速は速く、久々の試合と言うこともあって目が付いていかない…
それはみんな同じで序盤はほとんど手が出なかった。

今日はいつもより気温が上がらなかったかなと言う感じはあったけど
それでも十分に暑かった。
ナックルの無回転がどうのこうの言ってる余裕すらないほどに。
7回投げきれるのか?という不安の方が大きい。少し動いただけで体力が著しく奪われる。

しかし結果的にこの暑さが味方してくれた。
相手投手は本格派。
序盤こそ球速がすごかったが、回を重ねるうちに徐々にではあるが球速が落ちてきていた
ま、それでも十分速かったけど…
その一瞬の隙をついて大量得点に繋げることが出来た。

一方の私はとにかく省エネ投法。
スロ-ボールと速球を使い分けて、とにかく緩い球を打ちそこなうのを待つ
こっちは7安打、相手は5安打。
しかし相手はエラー1に対し、こっちはエラーがいくつかあった。
しかもタイムリーエラーとなっては完全に負けパターン。

それでも無四球で投球数77球で試合を終えられた。
相手は6回分で100球ほど。そのほとんどがストレートなので疲れていると思う。
こう言うときにもナックルボーラーは有利かなと思う
ただ疲労が強くなると無回転にならなくなる。実際は目でボールを追って回転数を確認してはいないけど
球離れの感覚がしっくり来ていなかったので良いナックルが連発していたと言うことはなさそう・・・

2ヶ月ぶりのマウンドでどうなることか不安もあったけどとりあえず勝てて良かった。
明日は肩の疲労で泣きそうだ。


とにかく今日は疲れた…
試合の気になったところとかの詳細はまた今度書こうかな。
バントと打つことの関連性
最近はもっぱら息子の少年野球に必死になっております。
大人軍団の試合は29日にありますが
ここのところずっと無くて試合感が無くなってきてます…
さらに前回の公式戦は2連敗して終わっているので
次は勝っておきたいところ。
市長杯の初戦はドリームズ。初対戦だから面白そう。

さて、少年野球では当然バントの練習もする
これは中学、高校になってもずっとやる練習なんだけど
必ず出てくる単語に
「バントが出来ないと打てない!」というもの。

バントが出来てこそバッティングも向上するのだと
ほうほうなるほど。
ミートポイントでバントをすることでその位置確認とかをしっかりするということかな。
というように思っていたが
これ、本当に関連性があるのだろうか?


まず野球ゲームとかで選手の能力を見ると
バントの能力が高い選手ほど打力が無く
打力のある選手は総じてバントが苦手な設定になっている。
これはどういう事か。

実際、バントの名手はスラッガーでもなければなんでもない。
そしてスラッガーがたまにバントをしようとすると成功しない。

本当に関連性があるのかと疑う人はいないのだろうか?


バッティングの能力が低くて悩んでいる選手に
バントの練習をこれでもかとして、バッティングの能力が上がったという事例はどのくらいあるのか

もっと極端な話をしてみよう。
A君はバッティング練習の時間を全部ヒッティングに費やした。
B君はその時間をバントとヒッティング半分ずつ行った。

これを何年間も続けた場合生まれ持った能力が同じである場合
B君の方がバッティング能力が高くなる可能性はどのくらいあるのか
もちろんバントの能力はB君の方が上になるのは間違いないだろう。


さて、実際の所はどうなんでしょうね。
バントをすればバッティングが上達するという理論は本当に正しいのか?という問題。
一度改めて考えてみても良いのではないかと思いまして見ました


あ、バントの練習が無駄だとかそういう意味ではありませんので
高校野球の戦術
高校野球の戦術としてまず思いつくのが

「送りバント」

地方予選から甲子園の大舞台まで
この送りバントは非常に多用されている

犠打=美学

とされているのではないかと思わせるくらいだ。

もちろん時と場合など監督のさじ加減一つで作戦は変わってくるが
この「送りバント」作戦的にはマイナスになっている。
あくまでも統計的なデータだが、送りバントをすることによって得点力を失っている。


プレイヤーや監督などが思っている以上に「アウトカウント」というのは重要なのだ。
ただ、送りバントをするなと言うのではない。

甲子園に出てくるような強豪校などのレベルに達しているチームであれば
1つや2つのチームくらいデータ野球をしてくるチームがあっても良いんじゃないかと思う。
得点できる可能性が最も高い選択をし続ける事こそが勝利への近道。

監督や部員の愛読書は「野球人の錯覚」というチームは出てこないのかなぁ~(笑)
とふと思った
久しぶりに
肩の調子が良くないのが続く。
出来る限り投げない日を作ってる。

で、今日久しぶりに投げてみた。
ハマオとのキャッチボール。
何となく痛くない感じ。
あれ?回復してるとか?

ストレートとかかなり球速を出して投げて見るも何ともない
ただしばらく投げていなかったせいで肩周りがなまってる。
細かいコントロールが定まらなかったけどまぁおおむねいける感じ。

問題はナックル。
ナックルを投げると肩の小さな筋肉が痛む。
ハマオにナックルを投げているときはコレも特に問題なし。
ただ、感覚がぶっ飛んでるので、このあたりの回復もしばらく時間をかけて直していこうと思う。


で、その後。
子供らとキャッチボール。近所の子供ら3人と遊ぶ。
全員汗だくになりながら楽しくできた。
子供の上達は早いと感じさせられる。
かたや自分は落ちていくいっぽう(笑)頑張らねば…

最後にナックル投げて~ナックル投げて~というので
C号のボールをかるーく投げたら痛かった。
何球投げても痛い。これは一体どういう事なのか。

とりあえず痛くない程度に投げておかないと感覚が戻らないしなぁ
少しずつ投げてみることにする。
なにもなし
明日は秋の大会の抽選日。

死ぬほど暑いのにもう秋なのか?と(笑)
で、普段の練習時間である昼休みとか、体を動かすことすら無理。
スライムのようにベチャーってなってしまいそう。

それでもここ最近は少年野球の練習の指導をしに行くことがあるんだけど
どうにもこうにも辛い。子供らの方がよっぽど暑さに強いんだろうなぁ~

そういえば子供らにナックルを投げたことがないが
今度投げてみようかな~
小学生は変化球が禁止だからそれほどまでに興味を示さない様子だけど
カーブとか大人が投げているのを見て
「おー!曲がってる!」って喜ぶんだけど、ナックルとかどんな反応を示すのかちょっと面白いかもしれないな
が、C号のボールでは練習しないと投げられないハズ。
それにボール自体の大きさが小さくなると変化が大きくなるのか小さくなるのかも謎。
たぶん変化の幅は小さくなるような気はする。


ま、とにかく早く涼しくなることを祈るのみ。
そして明日の抽選では対戦相手に恵まれますように。
グラブの乾燥
梅雨の時期とか、雨の後とか
グラブが湿って重くなる。

そこで乾燥させるために何か良いものはないかと思っていたら
これが良いんじゃないかと。

20100801b.jpg
大きさも十分。
ミットと組み合わせても2つは楽勝。

20100801a.jpg
ふたを閉じてもこんな感じ。良い具合。
120分タイマーも付いているし、グラブの温まり具合も良い感じ。


で、使用してるのはコレ
【送料無料】食器乾燥機 ライトグレー

【送料無料】食器乾燥機 ライトグレー

価格:4,280円(税込、送料込)


色々使えそうだが、食器は乾きそうにないのでグラブ専用と言うことで(笑)

どのくらいコレを使えば良いのかよく分からないし
どのくらいで乾燥しきってくれるのかもよく分からない。
当然乾燥のしすぎはグラブに悪い。

それでも普通の状態からだと20~40gほど軽くなるようだ。(120分使用の場合)
湿ってきてるな…という状態からだと40~70gほど軽くなるかもしれないな。
よく分からないけど。


ちなみにハタケヤマのミット 710g
マッスルが使ってる外野用のグラブ 660g
ハマオのフィールディングマックス 610g
こんな感じで、あと手元にある内野用のグラブ
ZETTのやつが550g
ローリングスのやつうが540g

で、この前買ったスラッガーのKSG-J4が450g

スラッガーの軽さが引き立っております(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。