揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心理的なリセット
ここ最近高校野球に始まり、中学野球の県大会の録画とかTVで見る機会があった。

やはり投手のコントロール不足で試合の展開が急激に悪くなるシーンが多く見られた。
キャッチャーからしてみると完全な受け身なだけに
ストライクが取れないと言うのは非常にもどかしいと思う。

もっと腕を振れという指示(ジェスチャー)がよく出ていた。
キャッチャーからしてみれば
「ボールを恐れずに思いっきり投げてこい!」
「ボールを置きにいってるぞ!しっかり投げて!」
というような意思表示なのだろう。

が、ブルペンの投球練習ならまだしも、大舞台での試合中にそう簡単に修正できるものではない。
気持ちも舞い上がってしまいがち。
ボールが先行していること、思ったところに投げられていないことなど
マイナス要因ばかり気になり精神的にも非常に辛くなってくる。

ピンチになったときこそ投手の精神力が試されるのだが
後がない試合などでは特に難しい。


その場合いかに自分を客観的に見ることが出来るか
自分の今の状態を理解できているか

ピンチになったのは仕方がない。これ以上ピンチにならない方法はどうすればいいのか
失点を防ぐ最善の方法はなにか?
何が今自分に出来るのか、そのためにはどうすればいいのか

などいったん心を落ち着かせてみる必要がある。
試合は時間とともに大きな流れが流れている。まるで生き物のように。
その流れを意識的に感じ、いったんその流れから「出る」といい。

自分だけその流れに取り残されるという感覚。
歩行者用の信号が青に変わり、何人もの人が一斉に歩きだす。
一緒に歩いている状態が試合の時間的な流れ。
その流れに乗っているときに自分だけ歩くのをやめる。
ポツンと一人残される。

すると自分がはっきり分かる。
周りから入ってくる情報をいっさい遮断し、自分だけと向き合う。
目を閉じるもよし、真上を見上げて空しか見えない状態を作るもよし。
完全に自分をリセットし直す。

ま、これは個人的な方法なので誰にでも効果がある方法ではないかもしれない
それでも自分で自分を見失わない術を身につけておく事は必要。
連打を浴びることはあるけど、連続四死球で試合を壊したことはないのもこの術が役に立ってるはず。
スポンサーサイト
1試合だけだったけど
日曜日は午前中の試合が中止になり
午後からの助っ人のみとなった。

が、暑い。
もう盗塁しただけで気分が悪くなるような…
疲労とか、のどの渇きと言うより、なんか風呂でのぼせたような
何とも言えない不快感に襲われる。

これで午前中に試合してたら死ねるレベルだぞ…と
野球をしてるような気温じゃない(笑)


今日は岡山大会の決勝があった。
母校の玉野光南を応援していたけど負けてしまった。うーむ残念。


あ、そうそう
ここのところバッティングの調子が悪かったんだけど
日曜日は良かった。
ようやく復調してきた感じ。チャンスで打てるのと凡打するのとでは気分が違うし。
次の試合はまだ決まってないけど。
明日も試合
ここのところ毎週試合だ。
明日は2試合の予定。
午前中は自分のチームの。午後からは助っ人で。

しかしここのところ異常に暑い。
外で立ってるだけでも辛いのに…


そこで気になった外の気温
日なたは一体何度になっているんだろうかと
20100724.jpg
48度って・・・
どういうこと?(笑)
ふー
少し前からブログの左上になんとか解析終了のお知らせというのが出てた
そのうち消えるだろうと思っていたのだが、いっこうに消えない。

どうすんのよーと調べていたが、イマイチ分かりにくい。
うーむ。困ったぞと。

それでも挫けずひたすら頑張ってようやく消せた。
あああっもう疲れた~(笑)
小円筋
肩の痛み。
ちょっと長引くので調べてみた。
まぁ痛いと言っても激痛でもなく、投げられないと言うこともないけど
やはりこれ以上悪くなりたくないので安静にはしてる。
でもやっぱりキャッチボールをしたくなるんだよなぁ~

で、調べた結果「小円筋」を痛めているようだ。
そこで、小円筋のストレッチ方法を調べていた。


http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_090515199779_1.htm?nwsThough=1

ここにある
手を腰に当てて…肘を前方に…

ってその状態で肘が持てないんですけど!!(笑)
左手で右の肘に手が届かない!
それでも強引に肘を持ち前方へ出すと…

いてぇ~

これはもう完全に小円筋だな。
ストレッチと筋力強化で完治せねば…

思いっきり投げたいし。
やっぱり試合で投げないと消化不良。
最適化の過程
ちょっとここ最近小指の使い方を変えている。

手が小さい私はどうしても苦労する。
なんとかして無回転を作り出さなければいけないのだが
無理矢理ボールを握っている分握りのレパートリーというか種類が限られてくる。
微妙に位置をずらして投げてみたりして色々と試せるくらい指の長さに余裕があれば良いんだけど
それが無いだけに非常に苦しい。
その分どこかで補わなくてはいけない。

手が小さくてもナックルは投げられるが、かなり苦労するのは間違いないようだ(笑)

運動はなんでもそうだけど、同じ動きを繰り返していくうちに最適化される。
水泳が良い例で、最初はとんでもなくぎこちないが
練習すればするだけ動きは最適化されよりスムーズに、より疲労しない動きが出来る。

ナックルを投げるのにも同じ事が言える。
最初投げているときはもの凄くぎこちない。
球速は出ないしコントロールも定まらない。
それでもどんどん投げ込んでいくうちに余計なものが削れ、必要なものが足されていく。
そうしていくうちにナックルの投げ方も最適化されてくる。

最終形態にどのくらいで到達するのかは分からないけど
微妙に変わってくるとボールの回転にも当然影響してくる。

すごく調子よくて、その調子の良い期間も続いていると
気分良くどんどん投げ込むことになる。
その過程で自分では気が付かないくらいに動きが最適化されていく
それは上達の過程だのだが、突然無回転にならなかったりするので「スランプ」と思ってしまう。

何で投げられないんだ?以前までは簡単に投げられていたのに…
ということはいくらでもある。何度も何度も経験することだと思う。

その都度最適化された動きに対して微調整をし、また無回転が作り出せる状態へと持っていく。
その繰り返しが上達している段階だと思える。
ウェイクフィールドクラスになってくると完全にフォームは固まっているのだろう。
ただ、彼もナックルボーラーとして登板し始めた最初の頃と、今の投げ方では全く違う。

ナックルボーラーがフォームを変えるというのは結構な勇気と決断がいる。
もちろん変えると言うことは現状の投げ方では駄目だと判断したからに他ならない。

筋力や体格などみんな違うのでナックルの投げ方で「これが正解」というのは無いと思う
その答えが見えない自分に合っている投げ方を探す。
トレジャーハンターみたいなもの(笑)
M.モゥブレィ【M.MOWBRAY】
20100717.jpg
M.モゥブレィというメーカーのもの。
左側が汚れ落としで、右側がしっとりクリーム(デリケートクリーム)
元々は革靴用なのだけど、グラブにも使えるという。
藤本スポーツさん一押しみたいなので試しに使ってみた。

これはいい!

汚れ落としはよく落ちるし、何より水溶性の液状なので乾けばグラブが重くならないのがいい。
デリケートクリームも程よくしっとりしてこれ重くなりそうにない。
塗った後の質感が非常に良い。
もちろんスパイクにも使えるし、子供のランドセルにも使った。
やたらとランドセルが艶々すべすべになって良い感じ。

今まではミズノプロのこれ

これが一番良いかなと思っていた。
塗った感じの伸びとかもいいし。
でももうこれには戻れない。




これが圧倒的に上だ。
汚れ落としの方はたくさん使うだろうからと大きなタイプを買ってるんだけど
チームのグラブもあるしスパイクやいろんなものに使えるからそれでもすぐ足りなくなるかも。
J7とJ4

J7とJ4の比較。

こうしてみるとJ4がかなりでかく見える。
というかJ7が小さすぎるのかな?(笑)
KSG-J4
20100712b.jpg
フジモトスポーツで買った。
廃盤のPラベルが中古(未使用品)であった♪よかったよかった。
で、やはりKSG-J7同様、非常にポケットが浅い
また今度分かりやすい比較画像でも撮ろうかな

買ったばかりではさすがに硬い
開閉がうまくいかないのでちょっと試しに手口をかぶせ締めにしてみた。
いいのかな勝手に改造してるわけだけど(笑)
ま、このあたりはすぐに戻せるし特に問題ないかな。
きつめに締めることも出来るしとりあえずはこのかぶせ締めで行こうと思う。
ハマオとつばさで
予報は80%雨

しかし日曜日試合が出来ました。
たけべの森というところまで。
車で2時間弱かかる遠い場所。

先発はハマオ。肩が治るまではハマオとつばさに任す(笑)
その代わり四球2連続で交代というルール。
ハマオの予想だと1回の最初の打者と次の打者で終わるらしかったが
なんとか3回途中までもった。

その3回。
先頭打者がエラー。次の打者ヒット。次の打者四球、次の打者四球。押し出しで1点取られたところで交代。
ハマオにも話をしたが先頭打者がエラーで出塁した後ヒットと四球で満塁のピンチ。
こういう状態が一番失点しやすい。
投げていて「流れ」というのが手に取るように分かったという。

プロでは「流れ」は存在しないと言うデータがあるが、草野球にはあると思う。
プロまで技術が上達していないし、心理的にも弱い部分があるし
その心理的な弱い部分でさらにパフォーマンス力が落ちていくという「流れ」は存在するはず

で、その流れは半分以上投手が作ってしまうということもハマオは分かったと思う。
ま、良い経験だな。
当然逆のバッターの立場で投手の心理を探るためにも役に立つはず。


ノーアウト満塁?1アウト満塁?どっちだったか忘れたけど
そこから私と交代。
失点せずにすんで良かった(笑)
次の4回からはつばさ。
7回まで無失点で連続四球も出さずに乗り切った。

今度の日曜日も2人に投げさせる。
今回の反省を活かして次はもっといけるはずだというハマオ。

肩が完全に治るまで頑張ってくれ!!

試合は3-1で勝ちました
出張帰り
仕事柄出張などあまり無いのだけど
一泊の出張に行ってきた。
ま、だからなんだってことはないのだけど(笑)

暑い日が続き、なかなか練習に身が入らない…
暑いのは特に苦手。

それでもようやく練習(キャッチボール)できるスペースができはじめたので
ハマオとキャッチボールをホントに久しぶりにやった。

ちょっと爪が伸びていてナックルは投げづらかったけど
久しぶりに投げるというのは良いね。
ま、肩付近の筋肉がまだ痛いけど。

それで今日、筋力トレーニングをやっていて気が付いた。
大きな鏡があるのでその前でピッチングフォームの確認をする。
まず目を閉じて、こんな感じで投げているんだろうなぁ~というイメージを持つ。
何度か繰り返して、次に目を開けてイメージと実際の動きの違いを確認する。
自分では意識している動きでも鏡を見て実際の動きとは違っていたりするもの。


それで肩の痛みが出るのはナックルを投げたときのみ。
ストレートの腕の振りと何がどう違うのか?
その違いが具体的に分かれば痛くないナックルを投げられるかもしれないし
痛くないようにその筋肉を鍛えることも出来るのではないかと。

今日何となく分かったのは、ナックルを投げようとするときは
コントロールと無回転を意識したせいだとは思うが
ボールを体で押し込んでいるような感覚。
投げる瞬間に胸を張って投げておらず、胸よりも手が先行しているような印象。
その投げ方がナックルを投げる上で駄目なことなのか必須なことなのかは分からない。

その後胸を張って投げるような意識を持ってハマオとキャッチボールをしたのだが
それはそれで良い感じだった。
腕がかなり遅れてくるような投げ方に感じるが、その分腕のしなりを使えるので球速は無理なく出るようだ。
力をセーブし、尚かつ球速も出て肩への負担も少なくなる。


それとトレーニング種目によっては肩の違和感が出るものもある
アップライト・ロウ
この種目は肩が平行な位置からさらに上に上げる段階で軽い痛みが出る
この部分の筋力が弱っているのかもしれないな~と


ま、ぼちぼちやっていきましょうかね
練習が…
ここ最近息子の野球少年団の見学とか指導とかで
なかなか自分の練習時間が取れない日々。

とはいっても日中は暑いし…

なんと言っても普段キャッチボールをするところが今使えない。
工事をする関係で資材とかが…
ま、仕方ないんだけどしばしの我慢。

それと肩の調子も完全には戻らない。
なんか長引きそうな予感。
普通の送球とかは問題ないんだけど、ナックルのような押し出す感じだと
押し出した瞬間?リリース時に肩胛骨付近でプチって音がする(笑)
んで痛いのだからあまり投げない方が良いと思う。
まぁどこかを痛めてるんだろうから完全に治すためにもしばらくナックルは投げないでおこうかなと。

今までこれでもかと言うくらいに投げ込んできたのだから
少しは休まなくては…
それでいて「ナックルが投げたい!」という気持ちがかなり高まって来た頃にまた練習再開としよう。

違和感が出始めてちょうど一ヶ月か
その間も試合をこなしてきたから治るものも治らないかなと。
投げて投げられないことはないんだけど、いつか超えてはいけないラインを超えて一気に故障しそうでコワイ。
年齢も年齢だから治りが遅い(笑)


サッカーでも無回転キックが流行ってるから
野球でもナックルが流行ると面白いのにな~
あ、どっちが難しいんだろうね。

無回転ブーム到来で、体操競技では
抱え込み無回転ひねりとか

フィギュアスケートで無回転アクセルとか

スキーのアルペン競技
男子スーパー無回転とか


ないよな…(笑)
補強
公式戦も終わり、しばらく試合の期間が空きそうなので
ここは最近弱ってきているであろう筋肉を刺激するためにトレーニングを開始することにした。

公式戦が詰まってくるとどうしても疲労や、筋肉痛が心配になって思い切ってトレーニングが出来ない。
春と、早朝が終わったので、次は9月くらいから始まる秋の大会。
それまでは十分な期間。

練習試合だと多少の疲労や筋肉痛があっても大丈夫だろうと。

で、おとといベンチプレスで追い込んだら猛烈な筋肉痛。
今日も痛い…

大胸筋の両方が当然痛くなるのだが、片方だけに湿布を貼ってみたが痛みの軽減とか全く分からず
効果ないのかな…(笑)
走ると胸が揺れて痛いし…
ゴールデンエッグスにあるような大胸筋矯正サポーターとかあればいいのにー

とりあえず肩周りの細かい筋肉をしっかりと刺激をして
怪我の回復、怪我の予防に力を入れなくては。

あとは腹筋だよ…
体の軸になる腹筋はどうしてもスポーツをする上では必要不可欠。
しかし腹筋を鍛えるのは地味で辛い。

継続は力なりだよなぁ~
継続して努力できる能力というのはすばらしいね。是非とも欲しい(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。