揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルタの解説
TVのチャンネルを変えていたらたまたまプロ野球中継をしていた。

私自身プロ野球に興味があまり無く、応援しているチームもない。
個々の選手に対しての興味はあるが、チームとしては…
知人などがプロ野球選手にでもなればそのチームを応援するかもしれないなぁ

で、少し見ていたら古田の解説だった。

彼の解説は非常に深い。そして参考になる。
結果論ではなく戦術的な要素がふんだんに解説される。
投手が投げた1球の意味。
その1球が次の配球に与える影響。

WBCの時でも本当に参考になった。
野球というのは頭を使うスポーツだと言うことがよく分かる
そこが面白い点だ。
スポンサーサイト
カウント2-2
試合を数こなしていくと、カウントのバージョンで何を投げたらいいのかおおよそ感覚がつかめるだろう。

追い込めばピッチャー有利
ボールが先行すると打者有利

その境目がカウント2-2(私の場合)

1球遊べると捉えるか
1球遊ぶと後が無くなると捉えるか

その時の得点状況でも変わるだろうし、打者の打撃力にも左右されるかもしれない。

当然2-2からの1球で勝負したいところではあるが
何をどこに投げればいいのかということに。
ボール覚悟でナックルか?先を考えると選択しがたい
ではストレートか?
カウントが苦しくなるとストレートを投げるというイメージを相手に与えたくない

カウントを悪くする

ストライクを取りに行くストレートを痛打

広島にいたフェルナンデス状態へ突入

以後ループ


ナックルボールを多投することは特に問題にはならない
しかしそこへカウントというものが加わるとそれがそうも行かなくなってくる。
とにかくストライク先行型になりたい。
ボール覚悟で投げ続けて、実際に四球を出していると
打者心理からして早い勝負には来てくれない。
待機作戦をしてくることになり、状況はさらに悪くなる。

ストライク先行で追い込めば速いストレートが来る。
しかもどのタイミングで来るか分からないストレートは厄介だ
ならば早いカウントでナックルを打つしかない
というようなイメージを与えるとこっちをしては非常にやりやすくなる。


が、理想とは裏腹になかなかうまくいかないもの。
技術の練習と心のトレーニングも必要なんだろうな~
段階を経て
自分のスタイルを持っているというのは大切。
しかし自分のレベル向上のためにはそのスタイルを崩して次のスタイルを手に入れる。
この繰り返しで自分にあったスタイルを探し出さなくてはいけない。
ナックルを投げる事=ボールを無回転にするコツ
ということは教えることは出来るけど、スタイルの確立と言うことに関しては各自であみ出さなくてはいけない。


すごくおおざっぱな流れを書くと

強引に無回転を作り出す

球速を上げるために握りを変える

さらに上げるためにフォームを変える

負担が大きいので体に優しいフォームを作り出す←今ここ


真下投げのように、いったん早めに担ぎ込んで後は腕を振り下ろすだけ
こんな感じでもいいかなぁ~と思っていたり。
大したことではないけど…
昨日のサッカーの動画。

あのサッカーの動画と野球の動画。
同じ無回転のボールが飛んでいくが、決定的に違うことがある。
ボールの違いとかそういうのではなくて(笑)

まずサッカーのボールは地面にある。
野球のボールは高いマウンドに上がって投げ下ろす。

サッカーのボールはスタート地点よりゴール地点の方が高い位置にある。
野球の場合はその逆でスタート地点よりもゴール地点の方が低い位置にある。

ここで分かること
ナックルボールが高めにいくと変化しないと言うのは全くの嘘と言うこと。
もちろん打たれるかどうかは別問題。
バッターからしてみると低めより高めの方が打ちやすいハズだし。

それと高い位置から投げると重力の関係で落ちる変化をする場合のキレが増す。
吉田えりのように低い位置から投げるナックルは伸びる変化をするときには伸びが増す。
その逆で、高い位置からの場合は伸びの効果はへる。
低い位置からだと落ちる変化にキレが無くなる。

これは想像の範囲だが、高い位置からはゴロが多く、低い位置からはフライが多くなるのではないかと。
が、これもサンプルが少ないのと、無回転具合、最初の握る位置などによって変わってくるので
正確な答えは出ないと思う…机上の空論というやつかな。


あ、そうそう
ここ最近無回転にこだわるというのを挙げたが、それと同時に肩などに掛かる負担を軽減するという目的もある。
いかに簡単に肩への負担を与えずに無回転を生み出せるか。
もちろんそれなりの球速も当然欲しい。
そのあたりの兼ね合いも研究課題。
肘から先、手首とかでクイッと小手先で投げるだけで無回転になると便利なんだけどなぁ 
そして球速も75~80も出れば十分だろうし。

マッスルは手首と肩が治らないし
ハマオは小指の具合がイマイチらしいし
つばさはつい最近グローブを紛失したらしいし

何をやってるんだよ(笑)
大雨
今日は息子の運動会の予定だったけど大雨で中止
さらに早朝野球の開会式だったけど、これも中止

土曜日はPTAのソフトボールの練習試合。これはなんとか天気が持ってくれた。
和気藹々の試合は面白い。十分楽しめてよかった。


サッカーボールの無回転シュートの動画。

これはすげーな!
キーパー捕れないよ…

でもこういう変化がナックルなんだよね。
ここまで劇的な変化はしないけど。
落ちたり伸びたりするところが分かってもらえると思う。
横の変化ではなく縦の変化。
サッカーボールくらい大きくなると当然前後の変化も出てくるんだろうね。

こういう変化をイメージしてナックルの練習をするというのは良いことだと思う。


ちなみにこの動画を見るとあることに気が付く。
ナックルを投げまくってて日々研究をしてる人で勘のいい人なら気が付くかもしれない
ボールに細工とかそういうことではなくて(笑)

ま、その話は明日にでも
原点に
ナックルボールを武器にしてここまで勝ってきたわけだが
何となく納得できるような感じではない。
試合の結果には大満足だけれども、ナックル自体の出来としてはまだまだ改善の余地がある。

強い相手、強打者が相手となるとどうしてもナックルだけでは勝負しづらくなる。
コントロール、無回転率などリスクもまだ大きい。
そこで今のところの対処方法は配球術。
緩急を付けてみたり、フォームを一定にしなかったり。

とりあえずは結果は出ているが、目指すところではない。


さらに強い打者を打ち取るにはどうすればいいのか?
という課題を克服するために、より速く、より鋭くと「球速」を求めた。
が、そのせいで無回転率が落ちている。安定さも落ちている。

とりあえず目標の予選を突破したのだから
ここは大きく勝負をするために、当たって砕けろ精神で無回転率重視にシフトしていこうかと思う。

少々球速が落ちてもしっかりとした無回転を作り出していく。
1年前はこういう気持ちでやっていた。
当然無回転率も高かった。
が、ここのところ色々無理して球速を上げようとしていた。
まぁ、歳も歳なので無理はもう出来そうにない(笑)


良い機会なのかなと思うし、原点回帰ということで
少しの間無回転重視に切り替えていこうと思う。
壮絶な試合
北興クラブ
00200000 2
01000011X 3
喜久屋

相手はめちゃくちゃ強い。結果的には6安打打たれたが
最強クラスの打者が…
ファインプレーで凌げたりとか、もう本当に綱渡り。
少し間違えば一気に大量失点のピンチが来る勢い。
1番から9番まで全く気が抜けない。
常に全力でぶつかっていかなければいけないので疲労が…半端無い。
命を削った感じ(笑)

一方のうちはヒット5本。
そのうち3塁打が3本。これが大きかった。

7回裏2アウトランナー無し。
この絶体絶命から、四球で出塁。
これまで無四球だった相手投手がここに来て意識したんだと思う。
そして盗塁で3塁まで行く。
そしてまた四球。
ランナー1,3塁。

ここでつばさ。
打った打球はボテボテのサードゴロ
もうみんな終わったと思ったが、サードの送球がワンバウンドしてエラー。
奇跡の同点に追いつく。

これで勝ち点1で決勝トーナメント進出が確定したと思っていたら

「時間があるので延長戦!」とか言い出す。おいおい!まじかよ!


非常にヤバイ気がしたがなんとか8回を無失点に。
延長は1回だけと言うことからこれでひとまず確定。

8回の裏。先頭打者は私。
これまもうホームランを狙っても良いんじゃないの?と(笑)

こん身の一振りがジャストミート!
本球場だったのでフェンスまではかなりあったがなんとか3塁打。

そして次の打者がライトフライ。
疲労困憊だったが根性でタッチアップ。
見事生還で奇跡のサヨナラ勝ち。


それと今日すごい経験をした。

回は3回。
1アウトで打者は8番。

1球目 ストライク
2球目 ファール
3球目 ボール
4球目 ファール
5球目 ボール
6球目 ファール
7球目 ボール
8球目 ファール
9球目 ファール
10球目ファール
11球目ファール
12球目ファール
13球目ファール
14球目ファール
15球目ファール
16球目ファール
17球目レフト線2塁打

どんだけファール打ってるんだよ!(笑)
連続ファールの時はストライクを取る遅めのスライダーを投げていたのだけど
どこかでストレートで打ち取ろうと考えていた。
でもファールはすべてタイミングがあっておらず、引っかけるようなボテボテのサード側へのファール
ストレートに合わされるのではないか?
スライダーにそのうち合ってくるんじゃないのか?
いきなりストレートを投げて果たしてストライクが取れるのか

カウントは2-3。もうどこにも逃げ道がない状態で
最後の最後でストレートを投げた。
ストライクゾーンに行けー!と思って投げたボールはど真ん中よりやや外の低め。コースは甘い方。

さすがにいきなり投げたストレートに合わされないだろうと思っていたが
まさかのジャストミート。
これにはびっくりした。

それと全体的にナックルで追い込んでストレートで打ち取る事が難しかった。
今までの経験では絶対に振り遅れるはずなのに、平気で食らいつく。
なすすべ無しという窮地に追い込まれることが何度もあった。

前回の公式戦での5失点の原因にここ一番のコントロール力不足があったので
今回はそれに注意して投げた。無四球でいけたのは良かった。
それが失点の少なさに結びついたように思う。



あ、ナックルの出来はイマイチだった。
良い変化をしてくれたら空振りも打ち取ることも容易な感じはする。
ここ最近納得できるようなナックルの出来ではないので
そこの所を重点的に練習しないといけないんだろうな・・・ま、してるんだけどそれでもこの程度。

ちょっと今日は疲れた。
明日は全身筋肉痛だろうな。肩とか肘とかに異常が出ないことを祈って寝るとするか…
広いグランドで練習
今日からPTAのソフトボール大会の練習が始まった。
良い運動にもなるし楽しい。
練習が始まる前に広いグランドでキャッチボールやナックルの練習も出来るので満足(笑)

この前練習していたフォロースルーの1ドル札。
あれを練習してから棘下筋のあたりに違和感。
やたらと負担をかけているような感じ。

ちょっとフォロースルーを大きくしすぎて負担が大きかったのかもしれない。
ま、普通に投げる時に痛みとかはないのだけど。

手当たり次第

もう止まらない(笑)
手元にあるグラブを片っ端から逆巻きにしていく!!
これは順巻き

20100510a.jpg
逆巻きにしたら広くなった。
多少親指部分の可動域と小指側の可動域が減った。
これは揉んでいけばすぐに良くなるだろうというレベル。

逆巻き
20100507.jpg
土手部分のひもを逆巻きに換えてみた。
開きやすくなるというのでやってみた。

確かに開きやすくなった。小指部分がぐっと拡がる感じだ。
これはいいね。

ということでハマオのグラブも逆巻きにしみてみた
前より格段に開いている様子。


ここに来てグラブの型付けとかに非常に興味を持ってきた。
グラブ職人の型付けとか目で見てみたい。


それと今日はナックルを投げた。
朝は雨だったが午後から上がったので。
で、今日の練習はこの前テレビで見たメジャーリーガーの投球のまね。

誰だったかな。なんか奪三振王を取った若い投手。

調べたら分かった。
ティム・リンスカム投手。
この投手の特集を少しやってて投げるときに意識して練習した方法が
地面に1ドル札を置いて投げたあとにそれを拾うようにフォロースルーすること。

これはかなりダイナミックになる。
コントロールが難しくなるが無回転バリバリだった。
それと投げたあとに顔がぶれるので投げたあとのボールの軌道をいたらグラグラ揺れているように見える。
ま、見えるだけで実際はそんなことはないのだけれど(笑)

明日はもう少しこの練習方法を取り入れてみよう。
早朝野球の抽選会
20100506.jpg
今日は抽選会があった。

結果は…
初戦「ニシウチえぇ」
次戦「優駿クラブ」

つばさーーーー!どこを引いとるんじゃーー!!(笑)
今年は選手宣誓が2部のチームからだったので1番を引けば選手宣誓をすることに。
私は都合で開会式に参加できないのでその場合はつばさが先宣誓を行うことになっていた。

引いたのは12番。
両方本球場で試合が出来る良い番号だったのだが、対戦相手が…これはキツイ。


んで、初戦は去年も対戦したニシウチえぇ
もの凄いヤジが飛んできてかなり戦いにくかった。
大人げないというか何というか。少々目に余るものがあったのは事実。
出来ることなら対戦したくなかった相手

次戦はこの前瀕死の状態から奇跡の逆転勝ちをした優駿クラブ。
去年までは1部じゃなかったっけ?あれ?
これはもう2度奇跡が起きるのか?という問題。もう駄目っぽい(笑)

一勝一敗でギリギリ予選は通過できそうだが…
果たして結果はどうなる…。
一応12チーム中6チームが予選を通過する。
うーん。なんとか通過したい。
ナックルの普及
ナックルボールがなかなか普及しないのは他の球種とは全く異なる性質を持っているからだろう。

キャッチボールを始めとした送球関連。
そのすべてがストレートと同じ方法で投げる。
変化球はその投げるときに生じるボールのスピンの方向を意図的に変える。
あるいはスピンする力を減らす為に指を広げるフォークボールなどがある。

回転数、回転軸などに多少ばらつきがあってもその変化球は変化球として成り立つのに対し
ナックルボールは無回転というただ一点でのみしか成り立たない難しさがある。

が、しかしこれは練習すれば比較的というか思ったよりかんたんに投げられるようになる。

この段階まで到達した人はかなりの数いるはず。



ところが本当の難関はこの先にある。
このブログではもう何度も何度も触れてきた問題なんだけど
まず最初にぶち当たる問題は
「投げさせてもらえる環境作り」
その次は
「投げ続けさせてもらえる環境作り」

この問題をクリアできれば試合の経験が積める。
いわばナックルボーラーとしての入学式みたいなもの。
この状態になってから自分なりの研究が始まってくる。
キャッチボールで投げられていただけでは話にならないことを痛感する…

あとはキャッチャーとの関係もある。
監督の方針。チームの方針と合っているのか。
そのチームにエースがいてたまにしかない出番というのでも苦しい
草野球でやっていても年間の試合数が10試合前後とか少なすぎても厳しい


もちろん一発勝負の試合では使いづらいと言うのもあるだろう。
良いときと悪いときとの差がはっきりしてしまいがちな球種とも言えるし


このあたりがなかなかナックルボールが普及しない原因ではないかと。
KSG-J7の型付け

まさおさんの息子もJ7を買った。
一応お店で湯もみ型付けをしてもらったらしい。
が、フジモトスポーツとの型付けとはまるで違う感じ
右がうちの息子で左が友達。
土手の部分が逆巻きか順巻きの違いがあるようだ。

当て捕りというのがよく分かるのが次の一枚。

20100504B.jpg
上から見ると一目瞭然。
ポケットの深さが違う。

ただやはり力のない小学低学年では当て捕りはかなり難しいようだ。
ポケットが深いとスポッと入りさえすれば捕れる。
当て捕りはしっかりと両手で受けるようにしないとうまく捕れない。
特に逆シングルで捕るにはかなりの技量が必要となる。

20100504C.jpg
背後からの写真。
全く別物に見える。
手入れの部分も違うようだ

オーソドックスなタイプと、マニアっぽいタイプのようだ(笑)
久保田スラッガーラベル交換
20100501.jpg
KSG-J7のラベル交換をした。
なにが良いか寸前まで悩んでいたのだが、廃盤の赤いのがあると聞いて即決
ネットとかで見ていても廃盤で赤があるとは知っていたが、まさか交換できるとは思っていなかった。

交換してもらったのは当然フジモトスポーツ
グラブを持ち込んで交換してもらおうとしたら店長は湯もみの作業中
「これが終わるまでちょっと待っててくださいね」と

おうおう。
実際目にする初めての湯もみ
これは興味津々。どうやって作業しているのか食い入るように見ていた。
バケツにお湯をためていたのでどのくらいの温度なのか非常に気になるところ。
一瞬の店長の隙をついてお湯に指を突っ込んでみた。

ほうほう…(笑)
たぶん企業秘密なのだろうからあまり触れないでおこう。

それがすんで息子のグラブを差し出す。
さほど柔らかくなっていないので、少しばかり揉んでもらった。(スチームにもかけてもらう)
グイグイ揉んでいるのだが、どのように揉んでいるのかを死ぬほど注意して見た。
なるほど。そういうことなのかと。

あと手入れ部分の調整とかもしてもらって作業終了。

赤いラベルがあったことで息子は大満足の様子。よかったよかった。


それから自分もグラブに手を入れてみた。

おおお!!
以前とは全然違うぞ!
これは捕りやすくなってるじゃないかぁ~

藤本店長ありがとうございます。

少しだけど当て捕りグラブの事や、型付けのことなど話も聞けたし。
が、予約しているKSG-J4はかなりの順番待ち・・・
これはもう今シーズンは無理かもしれない…

ハァ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。