揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組み合わせで
最近は息子の野球の相手をしているのでなかなかナックルの練習の時間が取れないでいる。
ま、それはそれで良いんだけど、とりあえずはもう一つ何かを見つけて無回転率を高めていきたい。

上体をしっかり倒すことで
リリースポイントが体から離れるように意識している。
http://www.youtube.com/watch?v=Mr_vnZjgEVc
これを見ているとリリース位置が低くて近い事がわかる
この状態だとうまく力が伝わらないし球速も稼げない

それをしっかり投げるように意識をして投げていると、良い感じで無回転が作り出せる。
が、少し無理がかかっているような感じがしていた。


以前に試して調子が良かった岡島型。
これをいったんリセットしてダルビッシュ型に戻してみようかと。
それを今日の昼に試してみたんだけどこれが良かった。
いろんな組み合わせがあるのだろうが、状態の傾けとリリースポイントを意識した場合はダルビッシュ型がいい

一応書いておくと、テイクバックの時に
後方に倒れるのが岡島型
20100125b.jpg



その逆で、テイクバックの時に前方が下がるのがダルビッシュ型
20100125c.jpg

次の公式戦が5/16日に決まってるので
それまでに少し調整してしっかりと良い組み合わせを見つけたい。
スポンサーサイト
テニスがやけに・・・
20100420.jpg
壁に当てて壁当てテニス。
良い運動になるのだけど、変なところに当たってボールがいろんな所へ跳ね返ってしまう(笑)
ネットに当たると跳ね返ってこないし。
ま、ガラスに当たっても割れないからそこは安心かな。

で、なんだかここに来てテニスがうまくなってきた(笑)
これはもうテニスコートを借りて実際にやってみるしかない!と思うところまで。
しかしだれもテニスシューズとか持ってないし。
聞くところによるとコートを借りるにはシューズが必要だとか・・・

うーむ。残念。
値段も5000円位するからなぁ~


で、この前の練習の時、内野フライを練習したのだが
テニスボールとラケットを使って高く上がったボールを取る練習もした。
上がった瞬間に声を出して誰が取るのかというのを判断する良い練習になった。
風があるとかなり流されて捕球は困難に(笑)
ま、面白いんだけど。


そうなってくると「アキュバット」が欲しくなる。
前から欲しかったのだが値段が高い。
1万円もするのだが、買っても良いのか?と判断に迷う。
網の部分が壊れた場合に補修などの修理は可能なのかも分からない。
ちなみにアキュバットとはこれ

http://www.mft-shop.com/mftshop/7.1/C0001/

祝!初打席

この前の日曜日、うちの息子がいきなし試合に出たらしい(笑)
ルール知ってるのかよ!と思ったんだけど大丈夫だったんだろうか?

写真は人生初の打席。
当然最初から左打ちにさせている(笑)

結果は四球。

ボールは振らないと言う事を誰が教えたのか
4つボールで1塁に進むことを知っていたのか?
そして1塁とはどこあるのか知っていたのか?

出塁後2塁へ進み、3塁へもすすみ、ついにはホームに帰ってきたらしい。
ヒットを打って進塁したとか四球で進塁とか
もう全く訳が分からずに塁に立っていたことだろう(笑)
想像しただけでも笑える(笑)

守備にも付いたようだが、打球は飛んでこなかった様子。
試合に参加しただけという形だったが、本人はやり終えた感でいっぱいらしい(笑)
うーん。よかったよかった。


今日は風が強く、横殴りの雨も。
そのせいで息子の練習は休みだったらしい
20100420b.jpg
以前の練習風景。
人がいなさすぎ・・・・
集中力と緊張感の糸
今日は試合だった。
時間がたっぷりとあるので9回までいく話になっていた。

が、いざ試合を始めて見ると相手チームにイマイチ緊張感が見られず
グダグダしているシーンが多々見られた。

前回の公式戦ですごく良い緊張感を持ってマウンドに上がれた。(結果はイマイチだったけど)
で、その緊張感の維持が自分自身保てなくなりそうだったので
急遽H田君に変わってもらった。(突然の交代H田君すんません・・・)

一応3回まで投げたので、球数もそこそこ投げられた。
課題を持って投げられたし、内容的には今日は満足の部類

それともう一つの理由に、試合が終わってから練習をするというので
全員に試合形式でナックルを投げてみたかった。
チームメイトからも1回打ってみたいという要望もあったし(笑)

最初は5回まで投げる予定だったけど、3回でよかったかな。
練習の時にかなり投げ込んだのでちょっと投球数が増えすぎたかも
明日はかなりの筋肉痛だろうな・・・

カウントも取って試合形式でやったバッティング練習。
打者に向かって投げ続けるという練習にもなったし
自分自身にも身のある練習になったと思う。



で、うちのチームは基本的に遅い球にはめっぽう強い(笑)
ナックルも苦にせず打つんじゃないのか?と思っていたが、やはり思った以上に打っていたなぁ~
結構芯で捉えている感じだった。
これで相手チームにナックルボーラーがいても勝てるな(笑)


バッティング練習が終わると次はよくあるプレーの確認。
ランナー2,3塁で3塁ランナーが三本間に挟まれた場合の対処法。
ランナー側から見た最善策
守備側から見た最善策
ここのルールをしっかりと認識しているのとしていないのとでは全く変わってくる。
2人のランナーが1つのベースに付いていた場合
タッチされてアウトになるのは若い塁にいた方。ここでいうと元セカンドランナーがアウトということになる。

それとランナー1,3塁で1塁ランナーが挟まれた場合
3塁ランナーはどのタイミングでスタートを切るのがベストなのか
また、3塁ランナーを確実に帰すために1塁ランナーが取るべき走塁とはなんなのか
ここに重点を置いて練習をした。
非常に中身のある練習が出来た。

これを機会に試合後に時間があれば少しずつ練習を積んでいこうと思う。
上半身の使い方


ふと新聞を見ていた。
杉内かぁ~ゆったりとしたフォームで何であんなに球速が出るんだろうなぁ~
という感じで見ていた。

で、しばらく写真を見ながら
「この瞬間に腕の速度はとんでもない速度に達するんだよな」と
どういう仕組み?とか思っていたら
上半身の傾きの角度が目に付いた。

自分と比較しても明らかに写真の方が前に倒れている。


なるほど。そういうことか。

この意識が知らない間に失われていたのかな。
それで球速を出そうとして思いっきり腕を振り下ろす。

その意識が強くなりすぎるとボールがトップスピンをしてしまう。
そうではなく、しっかりと体重を乗せて状態を倒すと
ボールを長く押し込むことが出来る。
20100424b.jpg
上が上体をあまり使わずに腕を振り下ろすだけのフォームで手の軌道が赤でリリースポイントが青
下はしっかりと上体を倒すことで押し込むような感覚を得られる。
ちょっと大袈裟だけどこんな感じだろうか。

これで球速も無回転率も上がってきた。
明日は試合なのでこれを意識して投げてみる。
ここのところ試合での無回転率が下がってきているのでなんとかしたい。
難しい配球
配球は非常に難しい。

打たれれば間違い。打ち取れば正解。

が、そう簡単にはいかない。
その場面、場面で打たれないであろうという球種やコースを選択する。
数ある中でもっとも被安打率の低いボールを選択する。
が、そこには当然リスクも生じる。
当然ど真ん中は打たれやすいがコーナーギリギリは打たれにくい。

コーナーを狙うとボールになりカウントを悪くするリスクが当然ある。

打者側は相手投手が得意とするボールか、そうでないボールかは見て判断する必要がある。
そこで得意でないボールを投げてカウントを悪くした場合。
この時四球のリスクを背負い勝負するか?配球を読まれてても得意なボールを投げるのか

この当たりの見極めはしっかりとしておく必要はある。


では逆に投手側になってくるとどうすればいいのか

特にナックルはコントロールが難しい球種。
カウントを悪くした場合どう組み立てるのかは非常に重要になる。
とりあえずストレートでカウントを取れば良いと思うかもしれないが
この場面で投げるストレート、実は意外にも難しいのだ

ナックルを多投した後でのいきなりのストレート。
しかもカウントが悪くピンチを招きかねない状況。
これらの要素が加わることで非常に難易度が上がる。

この当たりの技術をもっともっと高めていかなくてはいけないところなのだが
練習試合と公式戦とでは全く精神状態も違ってくる。
公式戦だけの経験ではなかなか積み上げられない。

が、しかしそこが面白い。
緊迫した場面。カウントが悪くなる。
さぁ!どうする!というこの場面。
たまらない(笑)

本音を言えばナックルで押したい。
四球になっても良いからナックルで押したい。

四球になれば「あぁ~やっぱりか」とあきらめもつく。
しかし見事抑えることが出来れば非常に良い経験を得られることになる
が、野球は1人でしているわけではない。

四球は100%出塁を許す。しかし打つとなると良くて3割。
試合に勝つと言うことの選択ともなると四球だけは避けるべき。

そこでどうするのか?ということだが

1:もの凄く強い精神力とストレートの安定力を得られるような練習をする。
2:ナックルと同じ速度のカウントが取れる変化球2つを会得する

ま、私は簡単な2を選択する(笑)
カウントが取れるスライダーとワンシームのチェンジアップ
この2つをうまく使い分ければ十分いけると思っている。


で、この前の試合、この2つのボールで苦しんだ。
原因は分かっている。
ナックルに意識を取られすぎてこの2つのボールの練習が出来ていなかった。
ナックルボーラーにとって大切なモノの一つに

「確実にカウントが取れる球種」

この存在はあるのと無いのとでは雲泥の差。
このボールがあるから多少カウントが悪くなるまでナックルで押せると思える。
精神的な支えとしても重要。


おっと長くなりすぎたかな。
今日はこのあたりまでに。
少年野球観戦
久しぶりの更新でしょうか。
雨が降ったりとなかなか練習が出来なかったりしてネタがありません。

最近はテニスのラケットを使ってみんなで壁に当てて遊んでたりします(笑)
試合後に肩が疲労してキャッチボールが出来ないようなときには良い運動になります。
「積極的休養法」というやつでしょうか(笑)

ま、何個もテニスボールを紛失しましたが・・・・



昨日はペータの助っ人。
投げることはなかったのだが、イマイチ不調のバッティングをなんとか向上させようと。
例のカタリストを使って打ってみた。

最近思ったよりもバットの根本に当たる。ボール1個分くらいだろうか
感覚がずれているのだろう。
そこでステップ幅を狭くし回転力を上げて打つ方法をとってみる。
それがうまくいって良い当たりを打てた。
よしよし。これでいい。
しかしカタリストは飛ぶね。

その後息子の春の野球大会の公式試合を見た。
結果はボロ負け。
息子を含む新入団員4人は出ないので実質10人の野球少年団。(合計14人)
3年生や4年生も出ている。2年生も出ていたかな。
打球を捕ったり、アウトにしようとしているのはすごいと思った(笑)
うちのはキャッチボールもままならない。
ま、野球自体のルールも分かっていないようだし(笑)

負けた理由としては試合慣れしてない感じか。
ただ捕って投げてというのではなく、アウトを効率よく取る方法などの
「勝つための選択」が出来ていなかった。
緊張していて頭真っ白となっているんだろうね(笑)

投げても間に合わないところに投げて暴投、エラー
その間に他の走者が進塁
1つずつアウトカウントを増やすべき所でも目の前の走者に目を奪われて投げるべきではないところに送球
慌ててエラーや暴投という感じか。

そういう練習をしていかなければ勝つのは難しいだろうね。
試合の中で注意や指示を出したとしてもなかなか頭に入らないだろうし。


少年野球とかでよくある話で「指導方法が悪い」とか父兄が文句を言うパターンがあるが
そんなことをするつもりはない(笑)
個人的には勝っても負けても必死になってボールを追いかける姿が見たい。
野球大好き少年になってほしいものだ。
勝つに越したことはないけどね(笑)
感覚が無くなって・・・・
初回2点を取られるも、内容は悪くなかった。
コントロールもかなり安定していたし、指先に伝わる感触も良かった。

が、2回以降は指先への感覚が鈍ってしまい
しっかりとボールを操ることが出来なかった

原因は初回の攻撃。
2番で打席に立つ。
初球を打ってセンターオーバーの2塁打。
3番がサードゴロ。しかしファーストがエラー
その隙に一気に生還。

はい。バテました(笑)
いきなり走って息が上がり、呼吸が整わない。
公式戦ということもあって緊張もあるので心拍数がうまく下がらなかったのが原因かな~

何本かダッシュして
その後いきなり針に糸を通すとか、細かい作業をしようとしてもうまくできない
指先が言うことを聞かなくなる。
そして四球を連続で出してしまい2失点をしてしまう。

これでリズムが完全に狂ってしまった。
狂ったせいで軽く自分を見失う。
パニックとかまでは行かないが焦っていたのだろう。

うまくいかない自分と、相手の強力打線に

「不安」や「恐怖」を感じてしまう。
これが良くない。
この前にも書いたが、いったんこの思考に浸食されてしまうと
なかなか抜け出すのは難しくなる。
そのこともマウンド上で考えていたのだが、
気を取り直して強行すればいいのか
第2プランで組み立て治すのかどうしたらいいのか分からなかった。


こういう時の自分の判断はろくな事にならないんだろうなぁ~と


いかにマウンドで平常心でいられるのかがポイントだなぁやっぱり
疲労度がやべー
優駿クラブ
2200100 5
101005X 7
喜久屋

まさかの逆転勝利(笑)
もう終盤は完全な負けムード一色だったのに。

しかし今日は調子が良くなかったなぁ
それに加えて相手が強い。
打者の技術とか今までのチームとは訳が違う。
みんなに聞いても相手チームはよく打つというイメージがあるようだ。


でももしかしたら調子は普通で、相手が強かったから調子が悪く感じただけなのかもしれない。
やはりいつもと違って疲労度がすごい。

ヒットを打たれての失点は仕方ないとしても
2回にした2失点は完全なミス。
2アウトを取って打者は9番。
ここから2者連続四球でそこから失点という最悪パターン。

強いチームと対戦していると
どうしてもクリーンUPに力を注ぐ割合が強くなる。
で、下位打者には気を緩めてしまい四球を出してしまうというパターンが今までにあった。
そして今回もそうだった。
気を付けてはいるのだが、やはり試合でマウンドに上がると視野や思考が狭くなるのだろう。
まだまだ駄目か・・・


それと今日はワンシームのコントロールに苦しんだ。
打ち取ろうとする気合いが空回りしてしまった。
もう少しリラックスしてワンシームを投げるべきだった。
次の試合までには出来るだけ調整していけたらいいな。

それとつばさが打ち始めた。
かなりベースから離れて打つ癖があり、さらに無茶苦茶開く。
外角のストライクに届くには150cmくらいのバットが必要なくらい(笑)
それで近づくように指示を与えいざ打たせてみるとそれだけで6打数5安打と。
これからが楽しみだ。


最後に、チームメイトの平賀圭
彼がバットをまたもや買ってきた。うちのチームへの寄付と言うことになるが
それがこれ

カタリストのレッドモンスター
このバット・・・・


すげー。
正直驚いた。打球感といい、打球の速度といい
これはすばらしいバット。
野球少年団
ハマオのフライを捕る練習をもう長い事していないので、かなり不安な様子。
そこでテニスのラケットとテニスボールを手に入れ
それを使ってフライを捕る練習を近くの公園でやった。
風が強くてボールが流されまくり。もうフライを捕っているのではなく、公園でたこ踊りをしているようにしか見えない有様(笑)
しかし良い運動になった。

そうそう。今度新小学3年生になる息子が少年野球団に申し込んだ。
まさおさんの息子も同級生なので同じように申し込んだ。
で、今日予定表をもらったら明日が練習の日になっていた。
ちょうど良い機会なので明日早速ではあるが練習に参加させようと言うことになる。

親としては
「野球なんかもうしない!」という事にならないだろうか…とか心配だ
「野球がおもしれー!」と言うようになって欲しいが(笑)

といってもまだ3年生なのでキャッチボールもままならない。
ゴロを捕る練習を少しやってはいるものの…
それでも最初に比べればだいぶ上達はしてきたようだ。

今日のキャッチボールでナックルを投げてみた。
当然変化をするような速度ではなく、距離も短い。
が、ボールの回転がないことは分かったようで
それはそれで喜んでいたようだ(笑)
ナックルの投げ方を教えてくれという日が来るのだろうか・・・
膝の痛み
少し前にスポーツ店に行った。
ポイントが4000円分あるから使おうと。

特に欲しいモノが無くウロウロ…
でも買わないとポイントの期限が…

で、ようやく買ったのがこれ

サイズがよく分からなかったけどMを買った。
時折装着して過ごしてる。
この前の試合ではずっと付けてやってみた。特に問題ないようだ。

で、今日久しぶりに走ってみることにした
試合前なので無理は出来ないから少しでも痛みを感じたらやめるというルールを決めて。


お!痛くない。
もう治ったのかも?

これでもしかしたらハーフマラソンへの道が開けるかもしれない。
走りたくても走れなかったあのうずうずした気持ちから解放されるのか!?
また明日も少し走ってみようと思う。

今日は軽めのキャッチボールをハマオとした。
セットポジションからの練習。
ここのところセットポジションの方が安定しているので、次の試合はセットで通すつもり
変則的にワインドアップも入れていくが、基本はセットで。

マッスルが手首と肩の故障で長期離脱をいているが
もう一人肩の痛みで離脱したチ-ムメイトが一人
打って守って走ってよしの三拍子そろってる1つ下の後輩。
戦力がかなり落ちてしまうのが残念なところだけど
しっかりと治して復帰して欲しい。
4つのパターン
今日は朝からくしゃみ鼻水が出る
風邪かな?何となく調子も悪いし・・・
と思っていたら夜になってくしゃみ連発。
完全に花粉症の症状だ。
あぁ~今年はなにもなく過ぎ去ろうとしていたのにー!

残念…!


H田君の配球で感じていたこと。
コメントにも書かれてあったんだけど
結局はストレートをどう使うかというのがポイントなんだけど

その1:忘れたときにストレートで空振りor凡打を狙う方法
その2:ストレートもナックルも投げ、的を絞らせない方法
その3:打者毎にどちらかに偏りを持たせて、最後に逆を付いて打ち取る方法
その4:ストレート主体で最後にナックルで打ち取る方法

この4つくらいかな。
すべてナックルという方法もあるけど今回はストレートとの組み合わせだから除外かな


では1つずつ解説(自分なりの見解)
その1に関しては絶対的なナックルの安定性が重要。
ナックルが来ると分かってても打たせないくらいナックルの変化をしていないと意味がない
コントロールもしかり。

その2は感覚の維持が課題。腕を速く振ったり遅く振ったりしながらナックルの時は無回転を意識し
ストレートの時は甘いコースに行かないように注意する
キャッチャーからのランダムなサインでリズムを崩さないだけの技量は必要

その3はどこで裏をかくのかがカギ。またストレートもそこそこの威力がないと
ストレートをねらい打ちされてしまう。速球を投げるか癖のあるストレートを投げるか。

その4は初心者が一番入りやすい形だとは思うが、ストレートを多投した後に
いきなり投げるナックルが無回転になるかどうか。緩急のおかげで打ち取ることは出来るかもしれないが
投げてる本人が納得できないというパターン。またコントロールも難しい。
ナックルを投げ続けることによって微調整できないと言うデメリットもある


先日のH田君の配球は3番を意識していたと言うことだったのかな。
ナックル比率としては6割くらいだったかな。普段よりはかなり低め。
そこで今回は2種類のストレートを使い分けた
空振りを狙うストレートと凡打を狙うストレート。
凡打の方はワンシームを使ってみたわけだが、まだ投げ込みが足りなくコントロールに少々不安が残る。
シュート系は右打者のインコースに投げなければ当然効果が薄い。
しかし無意識的に死球を回避しようとしてしまうので甘く入ってしまうことがある。

シュートをしっかりとインコースに投げられる技術があるとナックルの効果がさらに増す。
これはナックルボーラーには是非お勧めする。

H田君には是非また捕手をしてもらいたい
かなり興味深い経験が積めそう・・(笑)
新しい感覚と配球
日曜日は試合だった。

延長に次ぐ延長(といっても終了時間まで間があったのでもう少しやりましょうという延長)
結局10回までいった。

1死球だけだったのは良かったかな。安打は4か5くらいだったような。
6-1で試合にも勝ったし。よしよし。

ナックルの調子はまぁまぁ良かったんだけど
またもやボールに悩まされた。
試合球は4球あるのだが2球ナイガイ、2球ケンコーだった。
少しばかり使い込まれているケンコーだったからまだ良かったんだけど
新球のケンコーほど投げにくいモノはない。うーん・・・どうにか克服したい問題だけど。

で、今回の試合では普段投手をしているH田君が捕手をしてくれた。

サインはすべて任せて投げてみる。
初めて組むバッテリーでは必ず得られるモノがある。
新しい感覚。
新しい配球。
今回も良いものが得られた感じ。
問題はどのタイミングでストレートを使うか
こればっかりは試合を重ねてみなければ正解は出ないし
色々と試すことが出来ない。

それと今回はストレートは3球くらいで
後はすべてワンシーム(シュート)を試してみた。

吉田えり投手の件でも何度か触れていたが
ナックルとストレートよりもナックルとシュートの方が効果的ではないのか?というやつ
これを身をもって証明、または証明できないにしても体験することが重要かなと。

で、感覚的にはいけそうな感じ。
次の試合は公式戦だが、是非使ってみたいと思う。
いしいひさいち展覧会
20100403a.jpg
今日から展覧会がスタートした。
この写真にある「会場2F」

で、1Fはうちの練習場(笑)
2階部分を貸してくれと言うので。
そして今日展覧会オープニングセレモニーというのがあった

場所を提供したということでとりあえず近くに立っててくれればいいから
ということだったので、仕事をいったん中断して式に参加。
当然普段着。
深く考えていなかったのに・・・・

スーツ姿のお偉いさんがずらり。
市長やら副市長、県議会議員、市議会議員、商工会議所所長など・・・
その中にぽつんと一人。

めちゃくちゃ浮いてるんですけど・・・

新聞記者の人がバシバシ写真を撮ってたから明日の新聞に載ってるかも。これはやばい(笑)


20100403c.jpg
この奥が
20100403b.jpg
入り口から練習場が丸見えなんですけど・・・大丈夫?


20100403d.jpg
2階部分を2つに区切って片方に展示、片方に喫茶コーナー(写真)
この背後にも幼稚園児、保育園児の子供らが塗り絵をしたのも展示している。


で、今まで散らかっていた野球用品とか釣り具とか(笑)
そんなモノをまとめなくてはと焦って買ったラック。
20100403e.jpg


さて!明日は試合だ。
ナックルの調子が良いように祈るのみ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。