揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかいろいろと
壁当てをしているんだけど、その場合低い位置から少し上がった位置へと投げる
わずかながらも斜面になっている。
ま、投げにくいと言えば投げにくい。
お手製マウンドが本当に欲しいのだが作る暇とアイディアがイマイチ浮かんでこない。

逆に反対側からだとさすがに投げやすい。
キャッチボールをするときに高い方から投げると調子も良い。

うーむ。
木で作った場合、踏み込んだ足の部分が凹む。しなるというのかな。
じゃ、しならないように太い板を使えばいいのか?

これはちょっと本格的に考えないといけないな。


そういえば吉田えりさんがアメリカで2回5失点とか。
ボールとロジンに慣れなかったらしい。
ケンコーボールと内外ボールの違いですらすぐに分かるのに
アメリカと日本のボールは違うんだろうなぁ~
WBCの時にも日本の投手陣が「すべる」って言ってたし。
ナックルボーラーにとって滑るって言うのが一番の天敵。
雨が降ったらもうおしまいだなきっと(笑)

しかしナックル一つでどこまで突き進むんでしょうか。
女性がアンダースローでしかもナックル。
さらに球速が80キロって・・・・凄すぎる事なんだけど
それでもやはりTVを通してみても変化は分かりにくい。
カメラだと捉えきれないのかなぁ~
捕球してみたらみんな驚くだろうな。受けたときに良い変化だと良いんだけど(笑)


指トレ。
とりあえず続けてるんだけど、これをやりだしてから人差し指と中指がよくポキポキ鳴る。
指を鳴らす癖があるが、疲れてくるとポキポキしたくなるんだけど
その頻度が明らかに上がった。
他の指は鳴らなくてもこの2本だけは鳴る。
ストレッチもかねて指を曲げたりしてるんだけど、あまりポキポキ鳴らさない方が良さそうなんだけど
どうしても鳴るか鳴らないかの寸前で止めると気持ち悪い(笑)


あ、そうそう。
ここのところ親指を含めた3本指でボールを押し出しているよな感覚なんだけど
これのメリットがあった。
二本指だけで押すとなると指の正面を使うのに対し、3本だと人差し指中指は指の右側面でボールを押すようになる
厳密には親指が先にボールから離れて最後は二本指にかかってくるんだろうけど。

そうなってくると爪に対する負担がもの凄く少なくなる。
ストレートの速度に近づけるように球速を出したいと思うが
どうしても爪への負担を考えると思いっきり投げられないという人も多いはず。
が、この方法ならかなり思いっきり投げても爪への負担はほとんどない。
全く気にすることなく全力で腕を振ることが可能だ。

少しでも負担を感じているなら、試合ではもっと負担に感じてくる。
そして負担を軽減しようと無意識的に力のいれ具合を変えてみたりする
で、無回転が維持できなくなったりとかよくある話。

とにかく体への負担が全くかからない投げ方や握りを考え出すことが球速を上げる近道。
実際102キロを出したあとにストレートを投げたら115キロくらいだった。
その差13キロまで迫る勢い。
素人では20~30キロが限界なのではないかと昔思っていたんだけど
10キロ台までやってきた。
が、その分緩急が少なくなるかもしれない(笑)

それでも試合では投げても85キロくらいだから大丈夫かな。

明日は四国こんぴらさんに行く。
長い階段が特徴。もちろんトレーニング目的の意味合いが強い(笑)
つばさは用事でこれないが、マッスルとハマオも参加
うちの家族とまさおさんの家族も参加。
全員で10人での階段登り。面白そうだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。