揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好調は続行
いろんな投げ方を試しながらナックルボーラーを目指す。
ま、この過程は誰もが通る道だとは思うのだが
単に無回転にするだけというのと、実際にストライクを投げやすい投げ方というのは少し違うように思う。

壁当てで、良い感じで無回転になっていても
いざバッターに立ってもらって投げてみるとちょっと投げづらかったりして
実践では使えないと言うこともある。
主に右バッターに対して
すっぽ抜け=死球となるわけだからここは注意が必要だ。

当然普通に投げていればほとんど当たると言うことはないのだけど
バッターには当ててはいけないという意識がどうしても働く。

そしてここのところ温めている右肩を下げて投げる方法。
これはバッターが立てっても全く苦にならない。
それどころか良い感じの目印になる。

コントロールも無回転も球速も申し分ない。
ただしこれで本当に完成なのかは分からない。
あとは試合で実際に投げてみないと・・。
また新たな弱点や改善点が見えてくると思う。

何となくだけどセットポジションからクイックで投げにくいかな。
右肩が一瞬下がる分時間がかる感じがする。

練習の最後にスピードガンで測ってみた。
無理しない感じでストライク重視で投げてみても85キロだった。
これはいい!
実践だともうマイナス5キロくらいで80キロくらいになるかもしれないけど。


あぁ~試合がしたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。