揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スナップ
ナックルに関しての知識。


ナックルに間違った認識が世間ではあふれかえっている。
例を挙げれば色々とあるが

「スナップを効かさず投げる」

これもよく目にする言葉だ。
実際どうなのかというと、人それぞれの投げ方があるので一概には言えない。

球速が60キロ付近をウロウロしているときは
スナップを効かさず抜くような感覚で投げれば無回転が得られていた。
が、80キロを超えてくるあたりから、この抜くという方法で投げると
握りのグリップがぶれて回転してしますうことがある。

自分の球速のそろそろ限界だな…という付近では
抜くという感覚ではプラスαの速度が出ない。
やはりここはあと3キロ5キロを上乗せさせるためにも
しっかりとグリップをしてさらにそこからスナップを十分効かせ
最後にボールの重心を押し込んでやるというような感じが良いような気がする。

最近はボールを投げる機会があまり無く球速を上げる練習をしていないが
そろそろスピードガンで測ってみようかなと思う。
全力で投げたナックルはたぶん100キロでそうな勢いだ。(たぶんでないだろうけど)
勢い的には毎回自信があるのだが、実際に投げてみるとそんなにでない。
まぁ、試合で100キロ付近のナックルは投げることは出来ないから関係ないのかもしれないけど
欲を言えば試合では随時8-0キロをキープしているくらいの球速が欲しい。

無理せず自然な形で80キロを出せないと試合では無理。
あくまでもコントロールが命だからね
バッターのいない壁に向かってなら80キロなんて簡単だけど
いざバッターが立つとどうしても「守り」に入ってしまうんだよなぁ~

うーむ…今年のテーマ「攻める」というのは果たしてうまくいくのだろうか(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。