揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスク
今更なのだが、2009年を振り返ってみる。

ナックルボールを主体に投げまくってきたが、ナックルボール自体の完成度は頭打ちになっている感が否めない。
ナックル以外のボールをうまく利用しピンチをかいくぐってきた。
しかしそれではナックルの上達が行き詰まってしまう。
今のままでも良いのならそれでも良いかもしれない。

が、この先必ずやってくる衰え。体力の低下からくる球速の低下
その状態で同じように結果が出せるのか?という事も気になってくる。


で、なんて言うのかな…
マウンドでの心理状況というか気持ちの持ちようと言うか。
「強気」になりきれていない自分がいる。

もっと言うと「守り」のピッチングだった。


とにかくリスクを避けていた。
安全に安全にという気持ちでいたからピッチング自体「強気」になれなかった。

もちろんリスクを避けるというのは悪いことではない。
良いことだってある。
実際私のピッチングはリスク回避型が根底にある。
だから大崩れはしない。勝っても負けても安定した内容になっている。


が、しかしどこかに「攻めたい」という気持ちもある。
リスクを犯し、その先に何か得るものがあるのではないかとも思う。
書くのは簡単だが、実際に自分の型を壊して投げるのは勇気がいる。


勝者と敗者の違い違いというやつにこういうのがあった。

勝者は何かもっと良い方法があるはずだという
敗者はなぜ変える必要があるのか?という


よし、2010年は攻めで行くぞ!(笑)


で、攻めまくって2者連続四球とかなるとすぐに心が折れてしまいそうだが…(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。