揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乾燥がいいらしい

木製バットは乾燥させるのが良いらしい。

しかし一体どうやって乾燥させればいいのか?と考えていたら職場に良いものがあった。
3つ繋げて筒状にした。
シーズンオフはこれに乾燥剤でも入れてやれば完璧だろう。
といってもシーズンオフなどあるのか?うちに(笑)
それでも梅雨の季節は役に立つかもしれない。

あ、それともう一つ。
木製バットにハマっているのだけど
どうしてもいろんなタイプのバットを振ってみたいという気持ちになる。
なにか良いものはないかと思っていたら
木製バットのオーダーが出来るHPを発見した。

木製バット工房「匠」

長さや形状、重さまでも選択できる。
色も豊富にあるようだ。
が、人気があるのかできあがるまで1ヶ月待ちという状況らしい。

とりあえず今使っているバットは通常のバットのスタイルなので
使ったことのない新しいタイプのバットが欲しくなり注文してみた。
ハマオもつばさも2人で1本を注文することになった。
2人はとにかく軽いバット。84cmが平均的な長さなのだが
82cmで700gのバットをオーダーした。

で、私の方は超カウンターバランスタイプのアベレージ打者モデルを。
グリップエンドが一番太いタイカップモデル。
私自身バットは短く持つタイプなのでバット自体は長めの86cmを選択。
重さは790gが妥当なところらしい(電話で丁寧に教えてくれた)

いろんな場面でいろんなバットを使い分けていけたらいいかなと。
ちなみにできあがりはまだまだ先の様子。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。