揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流行ってきた

これ。
ハマオが買ったやつ。

これがなかなか良いと言うことでチームメイトも買いだした。
この前の日曜日の試合後にまさおさんが「買う」と言っていた。

イトーヨーカ堂に行く用事があったので
すぐ近くのフジモトスポーツ店に行って赤いやつを買った。
ペータも平賀圭も買ったらしい。
こりゃもうみんなつけるときが来るんじゃないか?(笑)

赤を2人、黒を2人買っている。
こりゃもう青を行くしかないかなと思ってる(笑)
今度の水曜日に行ってみようかな
フジモトスポーツ店さんにて軟式用のオールドヒッコリーのバットも気になる。
まだあるのかな…
84cm700グラムは軽い。
とりあえず振ってみたいなぁと


それと新しいグリップテープが届いた。
どうしても明るいグリーンが欲しかったので
ネットで注文したやつだ
そしてマッスルのバットがすげー事になった(笑)
20091109b.jpg20091109c.jpg20091109a.jpg
まぶしい(笑)
もう普通じゃなくなってる…
審判の人に確認を取ってみたらグリップの色には規定がないといっていたが
これはもうだめなレベルじゃないのか?(笑)

しかしバドミントン用のグリップテープのグリップ力はすごい。
素手を好むのならこれしかない。
バッティンググローブを好むのならマニモタをおすすめする。
スポンサーサイト
感覚を変えてみる
昨日は2試合あって1試合目は半月板損傷の大けがから復帰したH田君。
今年の春先にうちの練習試合の途中ファールフライを取りに行ったときに
膝をグキっとやってしまった。

7回を投げきったんだけど、結果的にサヨナラ負けをしてしまった。
ま、それは仕方ないんだけど、H田君の投球をバックネット裏から観察してみた。
私は2試合目の登板のために途中から引っ込んで体力温存(笑)

何回か投げているところを見たことがあったが
バックネット側から見たのは初めてだった。

すぐに思ったのはストレートとカーブの投げ方が同じだなぁと
リリースの瞬間まで分からない。
そして右バッターのインコースへのカーブもしっかりと変化している。

これがうらやましいなと。
右バッターがのけぞって避けてストライクの判定。
ひそかにこれにあこがれるが投げられない(笑)


バックネット側から見ると自分のチームメイトの打撃の癖とかスイングの軌道とか
そういうのが見えて面白いなぁと
ハマオの癖も後ろから見てよく分かったので、良いアドバイスが出来そうだ
今度の試合が楽しみでもある。


で、2試合目
試合中の投球練習とかキャッチボールとか、実際の投球とか
イマイチ感覚が良くないなぁと思いながら投げていたのだけど
その感覚がなんなのかがよく分からなかった。

そして最終回に気が付いた
握りの位置をウェイクフィールドと同じ位置で握ってみる
ほんの、ごく希にすることなのだが、これに気が付くのが遅れた。
リリースやテイクバックなどに気を取られていた。
それもまた日々の練習不足が原因だったのかなと。

変化に変化が欲しいようなとき
(いつもと違う変化の仕方が欲しいとき)
には握る位置を変える事を思い出させてくれた。

今度の試合はいつもと違うウェイク型の握りで1試合投げきってみようかなと思っている。
これもまだ未経験の部分なので試してみたい。

それにはちゃんと日曜日まで覚えておかなくては…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。