揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒットを打たれた後で
ちょっとここのところ強いチームと対戦して色々と考えさせられている。
結果だけを見ると3点しか取られていないが
内容的には結構厳しいものとなっている。

自分なりの投球術で相手をうまく交わしているつもりではあるが
それでもなかなか抑えられない。
これをこのコースに投げればヒットを打たれる確率は低いだろうという予想をして
投げているんだけど、当然連打もあれば予想が外れていることもある。

考えて投げたボールが被安打率10%の球種だったとしても、たまにはヒットを打たれる。
その打たれたヒットに対し

予想が外れたのか?
確率の低いところが発生したのか?

という判断がまだ付かない。
この先付くのかどうかは分からないが、どちらの場合だったのか分からなければ
次の打席の時にどういった攻略をしていけばいいのか判断に迷うことがある。


ナックルを打たれた場合

この打者はナックルとの相性が良いのか?
単に遅い球が好きなのか?
偶然振ったらヒットになったのか?
ナックルの変化量がイマイチだったのか?

などと考えることはたくさんある。
しかし1打席だけの対戦ではどれが正解だったのか?というのは分からない。


そして2打席目
尚もナックルからはいるべきか?
1球ストレートを投げておくか

バッターからして見ると
さっきはナックルをヒットに打った。
ということはやはりストレートから来るか?

というようなことを考えているかもしれない。

もしくは
ナックルと聞いていたが、大したことないぞ
これならいけるんじゃないか?
ナックル来い!

という事を考えているかもしれない。


ここで打者との心理戦が始まってくる。
初打席、前打席に打ち取っている場合は投手側が優位に働くが
安打されている打者との2打席目がアツい。

だからこそ野球は面白い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。