揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば…
ヒットを打った本数がうちが5本に対し
相手は11本くらい打っていた。

母体は先輩にあたる玉野光南高校野球部の40歳以上のチームだそうだ。
体力は落ちでも技術はまだまだ衰えていないと言うところか。


で、打たれたヒットを振り返ってみる。


ヒットを打たれたとき、甘いコースだったならば

「あ、しまった。今のは失投で甘いコースに入ってしまった」とその場で反省する。
が、今回。
甘いコースを投げてヒットにされた記憶がない。
すべて厳しいコースだったし、普通はヒットにされないコースばかり。
シュートで内角をついて、バットの根っこにあたっているが
そのまま内野を越えてポテンヒットとか。
追い込んでから外角にボールかストライクかきわどいスライダーを投げてヒットにされたり。

ちょっと運もなかったのもあるけど、タイミング、体勢を崩されてもバットに当ててくる。
それがヒットになってかなり苦戦した。
上位クラスになってくるとナックル一本ではなかなか勝負が出来ない。
まだまだムラがある。このあたりが課題だろうか。

練習で投げられるナックルを100%としたらやはり試合になると70%位でしか投げられない。
それが大切な試合になればなるほど、相手が強ければ強いほど下がる(笑)
メンタル部分もまだまだ弱いなぁ~

マウンドに上がると気持ちに余裕が無くなって来るというのも同じ。
うーむ課題は多い。

でも今日は無四球だったのでこの部分はよしとしよう~♪
スポンサーサイト
準々決勝
玉野オールスターズ
0100002 3
0001000 1
喜久屋

点差だけを見るとなかなか良い試合だった。
最終回も2アウト2,3塁までいったし。

が、全体的に実力の差がありすぎる。
終始押されっぱなし。

打力も守備力も違いすぎたなぁ~
でもまぁいいかな。こんなもんでしょ(笑)

それと今日はナックルの調子が良くなかった。
滅多と無い向かい風の日だったのに…うーん残念。

ただ今日は収穫もあった。
インコースのシュート。
この使い方のコツが分かってきたような気がする。
まだまだ実験段階なのでこれからもっと試していく必要がある。
ナックルとシュートの組み合わせはやっぱり良いかもしれない

あとは明日の筋肉痛。
試合中は肩胛骨を意識して投げるようにはしていたんだけど
カウントが悪くなったり、ピンチになったりすると疎かになってしまう。
まだまだ修行が足りない…


でも大体強いチームでも3点以内には抑えられるようになってきた。
こんな事を言うべきではないが、2部の決勝トーナメントに出場するくらいの守備力があれば
失点は2点以下にはなるだろう。
ナックルボールの潜在能力は高い。
ま、もともとうちは3部クラスで右往左往してるようなチームだから
外野フライに一喜一憂するようなチームでいい(笑)

ちなみに先週3-3の同点で引き分けとなった相手のジェイズ。
試合後に観戦していたのだがやっぱり打力のチームだけあって打つなぁ
9-1でコールド勝ちをしていた。
あのチームを3点に抑えたというのは自慢しても良い!?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。