揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと大げさだったかな…
あれから血が止まったのを確認してから

意を決して「コロスキン」を塗った。

これ。

知ってる人は知ってると思う。
バットを振ってて豆がつぶれたり、手の皮がベロッとめくれたりした場合
緊急処置でこれを塗る。
固い皮膜みたいなのが出来て、その後全く痛みを感じることがない。
非常に便利な薬。

しかしその反面…
傷口に塗った瞬間猛烈な痛みが襲ってくる
痛い傷口をタワシでこすり上げるような痛さ。

で、塗った直後がこれ
20091016a.jpg

傷パワーパッドをはがすときに少しだけ傷口が開いて血が出てしまったが
お構いなしにその上から塗った。

この時はすでにカチカチになっているのでもう触っても何をしても痛くない。

そして今現在の状態がこれ
20091016b.jpg
余分な部分をハサミで切ったりしてみた(笑)
端の方がめくれてくると気になるし。

キャッチボールも問題ないし、バットを振っても大丈夫。
試合には全く差し支えない。
まずは一安心だ。


ちなみにカステラ包丁というのはこれ

この刃をタオルでサーッと拭いていたらタオルから親指がでてて
刃の上を思いっきり指を滑らせた・・・・

不覚… (深くと不覚をかけてます(笑))
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。