揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高速更新

やっと更新できたナックルの球速。

しかも前回の試合から中1日で。
多少の筋肉痛が残る万全ではない体調でこの記録は大きい♪

最近試合後の筋肉痛に変化があった。
普段は三角筋付近だけが痛くなっていたのに、ここ最近は肩胛骨あたりがやけに筋肉痛になっていた

なぜだろう?と

その1
肩胛骨がうまく使えていないために変な部分の筋肉を酷使していたため

その2
使わなくてもいい筋肉を無駄に使っていた

要するに肩胛骨が使われなさ過ぎるためか、使い過ぎか。
で、今日意識的に肩胛骨をぐりぐり使って投げていた(笑)

なんかテイクバックが深くなった感じ。
球速も乗ってくる。

お!?これはいけるんじゃねーのか?と
そして計測。
5球目にでたよ!MAXが。


しかしこのあたりの球速になるとボールを投げた瞬間
二本指がボールに食い込むのがよく分かる。
スーパースローで指先のボールの変化を見たら結構凹んでいるはず。

距離が近かったために変化はあまりよく分からないが
ちょっとこれは草野球レベルじゃないな。
本格的なキャッチャーがいるレベルだと思う。
それにこの球速で投げ続けられるだけの体と指先の強度が足りない。

コントロールも不安定になってくるだろうし。
でも95キロがでたときのボールの回転が無回転だったのは自分でもびっくり。
練習試合で投げてみたいな。


肩胛骨をうまく使うと球速が上がることが分かったが
実戦で使えるのかどうかは分からない。
問題は球速よりもコントロールだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。