揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆をつく
この前の試合、なにげにヒットを打たれていたのだが
それはまぁストライクを取りに行った緩いスライダー(カーブ?)だったりする。
その原因はカウントを悪くしたというのが痛かった。

で、当然ピンチになってくる。
こういうときは気持ちもナーバスになってきたり
ヒットを打たれて点を取られたらどうしようとか思ったりもする。

しかしそういうピンチや逆境に絶たされたときでも
目の前にいるバッターに対して最善の組み立てをする必要がある。

バッター心理として
「ここはチャンスだ!一本打ちたい!」という気持ちになっている
ではそういう場合バッターは何を待っているのだろうか
どんなタイミングで待っているのだろうか
ということに集中しなければいけない

この前の試合、ここで打たれてはまずい場面があった。
しかもそのバッターはタイミングが合っているためにナックルで抑えるのは確率的にも少し低い感じがした。
当然バッターもナックルなら打てるという気持ちになっているだろう。

そこで初球はスライダーから入った。
ストライク。

次はシュートを投げた。ストライク

その2球ともストレートの8割くらいの速度。
もちろんそれは次の1球のために考えて投げたボール。
同じ球を続けないようにスライダーとシュートを投げた。

そして追い込んだ後にこん身のストレート。
バッターとしてみれば2球来たボールはナックルではないことくらいは分かっているはず。
ストレートはこのくらいの速さなのか。というイメージを植え付けさせる。

そして追い込んだ後ではバッターはいつものような心理になる
「追い込まれたら変化球」
そう。遅い球が来ることがあるといういつものパターンに持ち込む必要がある。

そこにまさかの予想外であるさらに速い球。

結果、バッターは高めのストレートに手が出てしまいハーフスイングで三振だった。

ずっとナックルばかりを投げている投球から一転し、1球もナックルがない投球も時として投げる。

そういうのを見せておくと決め球にストレートが来るとやっかいだと相手ベンチに印象づけられる。
そうすることによってさらにナックルが効果的になってくる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。