揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合での注意点その1
これから書くことは
いざ試合で投げる場合における予想外の出来事などです
これを知っておくのと知らないでおくのとでは精神的な余裕も違うでしょう。
参考になれば幸いです。
------------------------------------


ナックルを投げようと練習をする。

壁当て、キャッチボール。
何ヶ月も、何年も練習をしていたらそのうち投げられるようになってくる。
次第に無回転率も上がり、コントロールも良くなってくる。

お?!試合で投げられるんじゃねーの?
ナックルで打者を打ち取ってやるぞ!

というような時期にさしかかる人は意外に多いかもしれない。


そこで!
実際に試合で投げているといろんな予想外のことが起きる。
キャッチボールや壁当ての練習では想像し得なかったことが。

まず。
試合開始前の投球練習は7球。
回の合間は3球しかない。

ナックルボーラーのステップは比較的狭い。
後攻なら少し問題ないが、先攻だと、先に相手投手がマウンドを使用している。
ステップの幅が全く違うために非常に投げにくい。

最初にすべき事はボールを投げずにステップの幅をしっかり確認すること。
投げてしまうと1球損してしまう。

そしてしっかり足場を作らなければいけない。
セットポジションだけで投げるなら幅の確認は1回ですむが
ワインドアップなどを使用する場合はその調整もしておく必要がある。

7球のうちセットポジションを何球投げるのか。
ワインドアップで第一球目を投げたとき無回転にならなかったらどうする?
セットをすぐに試すか?
ランナーを多く背をうならセットを多めにしておくのも一つの手。

で、7球のうちすべてナックルを投げる?
ストレートは?スライダーやカーブは?
速いストレートも投げておく必要もあるだろう
さらに駆け出しのナックルボーラーには絶対必要なストライクを確実に投げられる球種を1つ持っておかないと試合を壊してしまう。
その球種を1球くらい確認のために投げておくべきか?

そんなこんなですぐに7球は終わる。
そして打者との対戦。
初球の入りは?
ナックル?
ストレート?

ナックルを投げたとして、運悪くボールになったら…

相手ベンチから容赦ない声が飛んでくる
「そんなインチキナックルなんか打ってしまえ!」
「ナックルのコントロール悪いぞ!見ていけ!」

こんな事で心を乱しているようではナックルボーラーにはなれない。
本当に怖いのは相手のヤジではなく身内からのヤジなのだから…

そしてふと我に返る。
ボールの感触がいつもと違う…

そう。意外に重要なのはボールのメーカー。
試合で使うボールと練習で使うボールが違うと感覚が変に感じるもの。
すり減ったボールばかりを投げていると急に新品のボールでは無回転にならなかったりする。

また、練習試合の場合相手チームと2個ずつ出したボールの4つで試合をするが
相手チームがいつも練習していたメーカーを出してくるとは限らない。
さらに新球かどうかも分からない。
しかし試合が始まってからはもうどうにもならない。
思いもしなかったことが起きたりするのはこのあたり。

そしてグランドの土も考慮しなくてはいけない。
白い土と、黒い土では滑り方や、ボールに付く土の感じも変わってくる。
さらに初回と最終回ではボールの状態も当然変わってくる。

先頭打者と対戦するまでだけでも結構な問題があるもの。

え?マジで?
というようなことが起きても、そのせいで無回転が投げられなかったとか言い訳は出来ない。
とにかく結果を出さないことにはナックルボーラーにはなれない。

今回は「その1」を書いたのでまたその2、その3と書いていこうと思います。
スポンサーサイト
配球術
日曜日は12時から17時までの5時間試合をした。
2チーム相手に2試合をしたのだが、さすがに疲れた…
日中は気温も高くもうバテバテ
しかも2試合とも負けてしまった(笑)

1試合目を投げたんだけど
相手チームは中学生が5人くらいいる生きの良いチーム。
当然身長も低く、ストライクゾーンが狭い!(笑)

それでも今回はナックルのコントロールに気をつけて投げた。
なんと言ってもストライク先行でどんどんカウントを有利にしていくのが自分のスタイルでもあり必勝パターン。

でもまぁ一番良いのは初球からどんどん打ってくるようなチームの方がやりやすいけど。

結果的には無四球で終えられたのでよしとするかな。


まず最初に打者と対戦する時に考えるのは「3球」の組み立て。
打者の仕草、目線、構え、アウトカウント、走者の有無、その前の打者の組み立て
これらを総合的に考えて3球を考える。
3球のうちどこにナックル以外の球種を混ぜるべきか、混ぜないべきか、すべてナックル以外か

当然すべての打者をアウトに出来る訳ではないので
その場面場面で最もヒットを打たれないであろうという球種を考えて投げる。
ヒットを打たれる確率5%くらいの球種を選択するのがベストかな。
もちろん読みがはずれて25%くらいだったりする。
それでもヒットを打たれなかったり、5%の球種を選択してもヒットを打たれたりする。

だからこそ
被安打は確率の問題と自分自身の中で割り切っている。

そこにナックルという球種が不確定要素をたっぷり含んでいるので
投げる側としては非常に面白くなってくる。
良い変化をしたり全くしなかったり、失投したり。

そこで重要なのは当然ながらキャッチャーであるマッスルとの呼吸。
お互いの意思の疎通がとれていないと投球の組み立てがちぐはぐになりリズムがつかめない。
ナックルを投げたときの感覚。
リリースの瞬間「あ。なんか違うな」というような感覚を得たとき。
ファールを打ってボールが返球されたときに
ボールに付いた土のせいで握った感覚の違和感を感じたとき(これ結構重要)
指先の感覚が少しだけ鈍ってきたとき

こういう心理状況になった場合
「とりあえず次はナックルやめとこうかな」というような考えがふと浮かぶもの。
それでも強引にナックルを投げるべきか
それとも違う球種を1球投げておいて気持ちを落ち着かせるか。

こういうような投手の心理状況をキャッチャーが感じ取るのは非常に困難。
というか分からないはずだ(笑)

で、こういう場合強引にナックルを投げるとろくな事がない。
気持ちに少しでも迷いがあると何かしらボールに影響が出るものだ。

よって球種に関しては絶対的に投手側に権限を置くべきだと思う。
当然その分すべての責任を投手が背負う。


ナックルボーラーを目指す
しかしその道のりは相当長い。
完全にナックル一本で勝負できるレベルまでにはいくつもの段階を踏む必要がある
今私の状況は自分のナックルを磨くためにより効果的な配球を模索している段階
何もなしでナックルだけ練習をして、配球も何もなければ絶対に勝てない。
まだまだ不安定なナックルをどんどん安定させていくためにはナックルを試合でどんどん投げるしかない。
そしてそのナックルを試合で投げられるようにするには「結果」を出さなければいけない。

ナックルが投げられるようになったから即試合で通用することは決してない。
試合で投げると言うことは練習ではなかったようなことが無数に起きる。

それも面白い部分なんだけど。

このあたりの話を少し掘り下げてみたら面白いかもしれないな~
逆をつく
この前の試合、なにげにヒットを打たれていたのだが
それはまぁストライクを取りに行った緩いスライダー(カーブ?)だったりする。
その原因はカウントを悪くしたというのが痛かった。

で、当然ピンチになってくる。
こういうときは気持ちもナーバスになってきたり
ヒットを打たれて点を取られたらどうしようとか思ったりもする。

しかしそういうピンチや逆境に絶たされたときでも
目の前にいるバッターに対して最善の組み立てをする必要がある。

バッター心理として
「ここはチャンスだ!一本打ちたい!」という気持ちになっている
ではそういう場合バッターは何を待っているのだろうか
どんなタイミングで待っているのだろうか
ということに集中しなければいけない

この前の試合、ここで打たれてはまずい場面があった。
しかもそのバッターはタイミングが合っているためにナックルで抑えるのは確率的にも少し低い感じがした。
当然バッターもナックルなら打てるという気持ちになっているだろう。

そこで初球はスライダーから入った。
ストライク。

次はシュートを投げた。ストライク

その2球ともストレートの8割くらいの速度。
もちろんそれは次の1球のために考えて投げたボール。
同じ球を続けないようにスライダーとシュートを投げた。

そして追い込んだ後にこん身のストレート。
バッターとしてみれば2球来たボールはナックルではないことくらいは分かっているはず。
ストレートはこのくらいの速さなのか。というイメージを植え付けさせる。

そして追い込んだ後ではバッターはいつものような心理になる
「追い込まれたら変化球」
そう。遅い球が来ることがあるといういつものパターンに持ち込む必要がある。

そこにまさかの予想外であるさらに速い球。

結果、バッターは高めのストレートに手が出てしまいハーフスイングで三振だった。

ずっとナックルばかりを投げている投球から一転し、1球もナックルがない投球も時として投げる。

そういうのを見せておくと決め球にストレートが来るとやっかいだと相手ベンチに印象づけられる。
そうすることによってさらにナックルが効果的になってくる。
初先発
ようやく仕事の忙しい時期が終わり、ブログも更新できるかなと。

肩の調子は良くなってきてる。
今日の段階で軽い疲労があるだけで、前回痛くなった部分に痛みは全くない。
まずは一安心と言うところでしょう。

でもやっぱりインナーマッスルのトレーニングは続けるべきだな。


そういえば吉田えりさんが先発したとか。
3回まで無失点。4回に3ランを浴びたらしい。
少しだけ映像を見たが、やはり女性としては驚異的なナックルだと思う。
実際無回転なのかどうかはカメラからでは分からないが
あの速度で投げているという事実がすごい。

しかも彼女の場合投げ方が普通のナックルボーラーとは違う。
サイドスローとかアンダースローという違いではなく
彼女の場合「押し出す」という感じが見て取れない
ウェイクフィールドなんかは押し出している感じがすごく分かる。
リリースの瞬間の感覚はたぶんあんな感じだろう、こんな感じだろうというのが分かる気がする。

アンダースローでナックルを投げると誰もがあんな感じ(彼女の感じ)になるのだろうか。
それでも肩などには相当な負担がかかってるはずだ。
まだまだ若いからナックル専用の筋肉の付き方になるまでには時間がかかるだろうなー

そういえば4回当たりから握力が無くなったというコメントがあったが
あれはどうなんだろう。
指先の力がなくなってきたのか
指先の感覚が無くなってきたのか
それとも本当に握力が無くなってきたのか

それでも女性には1試合投げきると言うのは難しいのかもしれないね。


それと彼女の報道を聞いて少し不思議に思うことがある。
今日はブルペンでナックルを30球ほど投げた

30球って…
少なすぎるんじゃないのか?と
今日の感覚と昨日の感覚を比較してみたり
その日の調子は良いのか悪いのか。
良いならどういうように良いのか、悪いのならなぜ悪いのか
というような確認作業もする間もなく終わってしまいそうなのだが。
試合結果
ベアーズクラブ
0002000 2
020001X 3
喜久屋

僅差の勝利だった。
といっても内容では負けていたなぁ~

とりあえず今日は7回完投。
肩にハリはあったが、痛みはなかったのでそのまま勢いで投げた。
一応ナックルの球速を抑え、ストレートも少なめに。

が、今日はさすがに普段の投げ込み不足が露呈し
コントロールを乱す場面が幾度もあった。

ストライク先行でどんどん追い込んでいくのが勝ちパターンだけど
今日はボール先行で非常に苦しい内容だった。
ストライクを取りに行くボールを痛打とか。
四球は1つだったものの球数が多かった。

それと追い込んだ後どう勝負していくか?というのがカギだなと。
ナックルで押していっても良い。
ストレートを交えても良い。
スライダーでコーナーぎりぎりを狙って打ち取るのも良い。

が、今日に限って言えば追い込んでから外角に外すスライダーを打たれた。
といっても甘く入ったというかそんなんではなくもうど真ん中(笑)
投げた瞬間
「やべー!」みたいな感じ

それと今日はナックルの出来は60点。
まぁ、こんなもんかな。
練習不足でいきなり良い結果を望むような球種ではないからね
 


さて
2点を先制したときはいけると思っていたが
なかなか打ち崩せず、終わってみればわずか2安打という結果に。
同点に追いつかれてからはちょっと苦しかった。

6回の裏。先頭打者からの攻撃で絶好のチャンス。
1番清水が塁に出てくれるだろうな~と思っていたが凡打。

そして自分に1アウトで回ってきた。
相手投手はアンダースロー。
球威こそ無いもののコントロールが良く乱れない。
無四球だったしね。

しかし私にとっては非常に打ちやすい。
荒れないし、すーっとストライクが来ればうちにいけると思っていた。
先頭打者がアウトになったことで、ここは一発を狙った。
回も6回だし、ここでホームランでも打てば高確率で勝てそうだ。

狙うならここしかない。


初球、2球目とボール。

次に甘いストレートでストライクを取りに来るに違いない。
アウトコースではだめなのでほんの気持ち1cmほどベースに近づいた。


そして真ん中やや低め。ど真ん中といっても良いくらい。

絶好球が来た!


フルスイングしたバット。
ハマオのビヨンドマックスキングの一番飛ぶところにこれ以上ないほどのジャストミート。

打った瞬間ホームランだと思った(笑)
少しライト側のフェンスが近いというのもあってホームランを狙ったのだが
そのフェンスの遙か向こうを超えていった。
たぶん普通の球場でも入っているだろう。

いやぁ~気持ちがよかった

それでもダイヤモンドを一周するのはなんか照れくさいな(笑)
変化はオマケ
今日は思い切って投げてみた。

といっても思いっきり投げたわけではない(笑)
とにかく20日の試合に間に合わせるためには今日くらいはしっかり感覚をつかんでおかないと間に合わない。

久しぶりに右でキャッチボールをしてみたが、思ったより状態は良さそうだ。
3回くらいまで投げようかなと思ったが
この調子なら7回までいけそうだ。
しかしここで無理は良くない。
ということで5回くらいにしようかなと。

問題は5回を投げた後。
次の日にどのくらい疲労が残っているか。
このあたりだろうな。

そして無回転率。
まぁまぁだった。
全部が全部無回転ということはないが、指から離れていく感覚は良かった
変化も良かったし、コントロールも久しぶりにはまぁまぁだった。

ストライクを取りに行くボール。
これはもう95%以上ストライクは取れそうだ。
なんかコツをつかんだ(笑)
コーナーも十分つける。内外角も投げ分けられる。
スピードはかなり遅いけど(笑)
まぁ、0-3からとかに投げるボールなので打たれてもそれはそれでいいし。


さて、ナックルの練習をずっとしてきているが
最初は無回転になることに集中する。
そして投げられるようになると変化に期待する。

やはりナックルを投げる上で変化というものは切り離せないもの。
どんな変化をするのか非常に興味もある。
受ける人、投げる人、見てる人
みんな変化に期待する。(動画をUPしてもみんな変化を期待してみているようだし)

それから実戦で投げ出すようになると、もう変化とかはあまり意識しなくなる。
問題は無回転率。
とにかく無回転をコンスタントに投げ続けることが重要になってくる
変化はおまけ程度。
無回転を投げ続けていれば自ずと変化は付いてくる。
負担がねぇ~
だいぶ肩の調子が戻ってきました
しかしまだ100%というわけでもなく…
寝起きとか肩の付近が痛い。

ボールを投げるとそうでもない
でも100%治ってからじゃないと思いっきり投げられない。
また痛くなったら…という思いがよぎる

そしてストレートよりもナックルの方が負担がかかる。
ナックルは肩や肘に負担がかからない球種じゃないのかよと(笑)

例えば右でストレートを投げる
左でストレートを投げる
両方これ以上投げられない速度で投げた場合
どちらも負担はかかる。
しかし左で投げると肩以外にいろんなところへ負担がかかる。
こんな感じでナックルをなげると変なところへ負担がかかり
その負担を軽減させようとさらに本来負担がかからない他の部位へ負担がかかる

というような事になるんじゃないのかと。
これはもう慣れと投げ込みしかない。
短期間で無回転を得たとしても、この部分は短期間ではどうしようもない。
キャッチボールだけのナックルなら問題ないが
試合で投げるとなるとこれはもう想像以上のかなりの負担がかかる。

50~60キロくらいのナックルで良いのならどういう事はないが
70キロを超えてくると厳しくなる

例えば70キロから75キロに5キロ速くした場合
肩に掛かる負担は50%増とした場合
75キロから80キロに上げたらその負担は50%ではなく倍の100%になっているかもしれない

しかしやっかいなのは、試合中に気が付かないことかな。
で、試合が終わって次の日くらいに猛烈な疲労が来る。
そしてある一定ラインを超えると故障。


という事になっているのではないかと。想像だけど(笑)


それでも毎日10球くらいはナックル投げてるんだけど(痛みのチェックのために)
無回転は維持できている様子。
ボールがすり減って余計に変化しているような(笑)
優勝旗

昨日は表彰式があったので12時から行ってきました。

と言っても少し余裕を見て11:30分に到着していたんだけど
うちの親父から電話

「おい!いそげ!式は11:30分かららしいぞ!」

なにー!!!

車から飛び降りて猛ダッシュ。
なんとか間に合ったものの、5分ほど遅刻
他のチームも待っていた様子…

先週の試合後に12時って言ってたのに~

でもまぁ早めに行っていてよかった。
20090910.jpg

http://sklz.com/sports/baseball/swing-trainers/target-swing-trainer
イオンに売っていたのでこれを買った。
1980円だった。
なかなか面白い。
子供の練習としても良さそうだし、うちの若い連中にもバットコントロールとかミートポイントの練習にもなるだろう。
しかし思いっきり打つと持っている方の手首がすごく疲れる。
まぁこれもトレーニングだと思っていればいいか(笑)

ここのところ肩の調子は良いような気がする
ほとんど投げずに肩周辺の細かい筋肉のトレーニングをしている。
しっかりと肩を作らないと怪我をする事がよく分かる。

キャッチボールでナックルを100球投げてもどうって言うことはないが
試合でナックルを100球投げるとものすごい負担が肩に掛かる。
(途中で投げるストレートが良くないような気もするが)

それでも日に日に良くなってる状態だと安心するね。
2年ほど前に肘を痛めたときは全く良くならない状態が続いて
2ヶ月治らなかったし。
治った前日まで痛かったし。当日はいきなり痛みが無くなったから不思議。

とりあえず今週はノースローで行く
それでも投げたくなるので今は左で投げまくっている。
そのせいで左肩が水曜日当たりからすごい筋肉痛。
左肩は痛めてもどうって言うことはないのでお構いなしに投げまくり(笑)

遠投をしても25mがやっとだなぁ~
なんで左で投げるのはこんなに難しいのだろう。
不思議だ。
2アウト1塁バッター9番
さて、またもや野球人の錯覚からのデータを活用した戦術を

今回の場面は2アウトランナー1塁
バッター9番

この場面でランナーは走るべきかどうか

1塁にいたのではなかなか得点することは難しい。
リスクを犯してスコアリングポジションに進めるべきか
それともここはバッターアウトになって次の回に先頭打者からの攻撃にするか

2アウトランナー1塁での得点確率は13%
しかしバッター9番という事は10%を切るだろう。
仮に盗塁を成功させたとしたら確率は22%。
バッターを考慮すると15%切るだろう

そして仮に盗塁成功、9番が出塁となった場合
2アウト1,2塁
ここで得点確率は23%
意外に高くない。

そして9番がアウトになり
1番から始まる0アウトランナーなしの時の得点確率は26%
この場合1番からだから30%くらいあるかもしれない。

軟式野球の場合はこの数字が総じて低くなるかもしれないが
比率はほぼこの通りだろう。

さらに得点確率と盗塁成功率とかの計算も複雑だが
簡単に言うと盗塁成功確率は80%以上なければ効果が無いという

よってこの場合、ランナーは盗塁をする方が得点確率を下げる。
9番がアウトになって次の回を良い形で迎える方が得点確率が上がる。
だから牽制球でアウトになることだけは避けなければいけない


こういう話に興味がある人は是非とも
野球人の錯覚をおすすめします(笑)
決勝戦
相手は2年連続のFDスターズ
消防のチームだ。

このチームにはとんでもないエースが存在する。
彼が投げると誰も打てないほど。
そしてここまで勝ち上がってきている

今日その彼が来るのかなとそこそこ楽しみにしていたのだが
どうやらいないようだ。
メンバーを見てもフルではない様子。
これは良い試合ができるかも?


で、結果
7-5で勝ってしまいました(笑)

こんなに自分のチームが打ったのは始めて見たと言うくらい打ちまくった。
投げる方は、肩の調子を見て3回まで。
ナックル60キロくらい。ストレート90キロくらい(2球だけ)
のらりくらり交わそうと思っていたが
初回の先頭打者に2ストライクに追い込むも、次の球がど真ん中に行ってしまい
まさかの先頭打者ホームラン。
やっぱり強いなぁ~と思っていたが、こちらはそれ以上に点を取った感じ。
結局3回2失点で降板。

早く肩を治さないと
ってどうやったら早く治るのだろうか。よくわからないけど(笑)
ランナー3塁の時のサード
それではもう一つ野球戦術に関しての考えを。

ケースは0アウトもしくは1アウト3塁の場面です。
このときサードは牽制球のためにベース付近にいるのが一般的ですが
過去のケースを振り返ってみてもこの行為は無駄ではないのか?

ここのでケアは内野ゴロの間にホームイン。スクイズ。
この2つでしかない。ホームスチールというものあるがレアケースなので問題視しない。


で、私のチームではこれからはサードの守備はベースに付かないと言う作戦に変えた。
守備優先にすることにより
三遊間のヒットを阻止できるなどメリットはある。
スクイズを警戒する場面ではベースよりずっと前に守備位置を取ればいい。

デメリットはランナーのリードが増える点だ。
だが、実際にサードがベースから離れて守ったときランナーは余分に何歩リードがとれるのか?というのがポイントとなる。
あまり多く出てもサインプレーでサードが入ることもできる。
アウトにできなくても警戒させるだけでも十分だ。

ランナーとしては牽制球でアウトになるのだけは絶対に避けなければいけない場面だからだ。
そしてもう一つ。

ランナーが大きなリードをしているところに守っても良い。
普通ベースに入っていない野手に牽制球を投げると遅延行為としてボークが適応されるが
野手がランナーにタッチできる範囲にいるときに限りボークは適応外となる。

例えば満塁で内野が前進守備をしたとき
セカンドランナーはショートの後ろまでくらいリードを取ることがある。
このときショートの本当にすぐ後ろにリードを取った場合、投手はそのままショートに投げることができる。この場合は牽制球ではなくアウトを取ることを目的とした送球と見なされる。

だからサードも前進守備の時はランナーはリードを大きく取ることができない。


当然2アウトの場面ではサードの守備位置は定位置となるのがセオリーだ。


この作戦なのだが、最初に上げたホームスチールのケース。
これは「ピッチャーが油断しているとき」と言うのが前提となるが、
サードがベースに入らないことで、普段より多くのリードを与えていると言うことでいつも以上にランナーのリードには敏感になっていると思われる。
牽制球を投げないのだからケアするのはホームスチールだけだからこのことは容易である。



スクイズを意識して投球と同時にサードがダッシュ。
ピッチャーは外角へ外す
ショートがサードのベースカバー
キャッチャーの送球でタッチアウトを狙うという作戦も使えるチームはあるだろう
(うちはまだまだそんなレベルではないが)


この作戦は統計を取っていないので実際にどちらが有利なのかは分からないが
比較的よく飛んでくるサードの守備範囲を広くすることが最大の特徴。

うちのチームは当分この作戦で行く予定だ。


とりあえず今までの経験から
内野ゴロでランナーがホームに突っ込み間一髪アウトやセーフという場面はほとんどと言っていいほど無かった。というか一度も記憶がない。
その逆に、三遊間を抜かれたというのは何度かある。
これだけでもこの作戦をとる意味はありそうだ。
血圧と脈拍

この前イオンに行ったとき血圧計があったので測ってみた。

血圧はもともと普通だったので気にしていないが、気になるのは脈拍。
上の写真では1分間に42拍。
ウロウロしていた状態からいきなり測って42ですので
寝る前とかの安静時では軽く30代に突入してきます。

今まで測った中で最低は1分間に31拍。
2秒に1回のペースだから、脈と脈の間隔が広い。
一瞬心臓が止まってるんじゃないのか?と思うくらい。


しかしここのところ全くボールを投げていないからちょっと不安だなぁ~
肩の違和感もまだあるし。
こりゃ決勝戦は7回投げきれないかもしれないなぁ
ナックルって肩や肘に負担がかからない球種じゃなかったの?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。