揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ~野球は面白い!
コメントにもありましたが
高度な野球
軟式と硬式
というような条件下では得点する期待値が変わってくるのではないか?
同じ野球でも別物のスポーツと捉えるべきではないか?という話


その話を自分なりに突き詰めてみようと思います。

まずレベルの高い軟式野球ではなかなか得点が入らず
大量得点よりも1,2点をいかに取るか?という作戦になってくる。

ここの部分ですが、それはあくまで結果論で、期待値の積み重ねが最終的な得点になるものだと思います。
点を取らなければ勝てない野球で、もっとも得点が期待できる作戦をとるべきなのは誰もが分かると思います。

さらに得点率、平均得点の話をしてきましたが
投手が有利になるとされる軟式野球の場合、その2つの期待値はともに下がるかもしれません。(プロ野球のデータと比較した場合)

が、それはどの場面でも下がることですので、投手が有利だからという理由で今までの期待値のバランスが大きく崩れると言うことはないように思います。
打撃での得点があまり期待できないと言うことは、もっと期待値を重視するべきだとも言えます。
意味のない作戦で得点率を下げてしまってはどうにもなりません。
大量得点を意識しているのではなく、得点の期待値を下げない作戦をとることが一番重要だということです。


送りバントの有効性は守備力が劣る場合にプラスαの期待ができますが
高度になってくるとその期待もできません。
プロが軟式をしたと仮定しても送りバントが定石となることはないはずです



飛ぶボールでする野球と飛ばないボールでする野球
軟式と硬式の違いですが、このことから違うスポーツになるというのはあまり考えられません
野球という非常に細かいルールが定められている以上ほとんど同じスポーツです。
飛ぶか飛ばないかというだけでは単純に守備位置の違いでしかありません。

違うスポーツになるという確たるデータでもあれば納得できますが
この場合でいうとそのデータというか具体的な話が無いために少々無理があるのではないかと思います。


エラー連発、ワイルドピッチも多発、四死球もあるなどと言う状態では得点期待値というものはあまり関係なくなってきますが、レベルが上がればあがるほどシビアに数字に表れてくるのは確実です
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。